うるおいキープで若々しく、保湿のお話

9月分画像2
美しい肌に欠かせない条件のひとつ、それはうるおいです。

肌がうるおいで満たされると、ふっくらとキメ細やかになり透明感もアップ。見た目年齢がぐんと若返ります。

では、肌がうるおいで満たされた状態を保つにはどうすればよいのでしょうか。大切なのは、「保湿」です。

美しい肌を育む正しい保湿ケアについて、ニナファームジャポンと一緒に学んでいきましょう。

なぜ保湿ケアが大切なの?

うるおいに満ちた肌は美しいもの。なぜなら肌を美しく保ち、育むために必要な肌本来の力は「うるおい」で満たされてこそ発揮されるからです。

そもそも私たちの肌には、水分をキープする力「水分保持力」が備わっています。しかし、残念なことにその力は年齢を重ねるごとに低下します。

そのまま何もお手入れをしないで放っておくと、肌の水分量はますます減少し、肌はカサつき、慢性的な乾燥状態に陥ります。

乾燥はそのほかの肌の力を弱めることにもつながり、さらなる深刻なトラブルを引き起こす結果に。だからこそ肌の水分をキープし、乾燥を防ぐ保湿ケアが大切なのです。

毎日の丁寧な保湿ケアで、水分保持力を高めることは十分に可能です。うるおいに満ちた肌を育み、いつまでも変わらない美しさを叶えましょう。

保湿ケアとは…肌の水分をキープし、乾燥を防ぐためのスキンケアのこと

肌に水分たっぷり→美しい肌!

キメ細かくなめらかで、透明感、ツヤ、ハリのある美しい肌は、肌に備わる「自ら美しくなろうとする力」が存分に発揮されることで育まれています。

外部刺激を防ぐ力、常に新しく生まれ変わる力、ダメージを受けたら修復する力など、これらの力が発揮されるためには肌に水分がたっぷりと蓄えられている状態、つまり、水分保持力の高い肌がカギを握っているのです。

さらに、水分保持力には、肌にもともとある「皮脂膜」「細胞間脂質」「天然保湿因子」と呼ばれる3つの保湿成分が関わっていることもぜひ覚えておきましょう。

肌から水分が逃げる→トラブル続出!

年齢を重ねて水分保持力が低下した肌は、慢性的な乾燥状態です。

さらにクーラーや暖房といった環境の変化やお手入れ不足などが重なると、水分保持力はさらに低下し、肌内部の水分はどんどん逃げていきます。

乾燥の悪循環に陥った肌は、硬くゴワつき、角質肥厚によって小ジワが発生。バリア機能も低下し、紫外線や摩擦などの外部刺激を受けやすくなり、シミ、くすみ、深いシワ、たるみなど、さまざまなトラブルに発展することもあります。

そうなる前に肌が自ら美しくなろうとする力を発揮できる水分保持力の高い肌を育むことが大切です。


このコラムのカテゴリー・タグ