永遠の価値を象徴する「ヴァンドーム広場」


ニナファーム誕生の地であるフランスの中でも多くの美しい歴史的建造物やモニュメントが立ち並ぶ“華の都パリ”。

その中で最も有名な広場のひとつとされるヴァンドーム広場は、チュイルリー公園、オペラ座やマドレーヌ寺院の間にあります。

この広場には、国際的に有名な宝飾店、高級ブランド店や名高い高級ホテルが軒を連ね、世界でも屈指の華やかさを誇る広場と言われています。

かつてはフランスを代表する作家達が住み、その美しく独創的な八角形のフォルムは、世界的なファッションデザイナーにもインスピレーションを与えたそうです。

広場の中心には、高さ約44メートル、直径約3.6メートルのブロンズのモニュメントがそびえ立ち、その一番上から、ローマ風の衣を身にまとったナポレオン皇帝の像が広場を見下ろしていますが、実は当初からあったものではないようです。

この美しい広場にある建造物の多くが、国の文化財に指定されています。

しかし、ヴァンドーム広場は、ただ歴史的な価値を持つだけではありません。国家権力の象徴でもあり、政治的に重要な意味を持っていました。

このモニュメントは、ルイ14世の王制時代からフランス革命、王政復古、ナポレオン皇帝の統治時代などを経て現在の共和制となるまで、時の権力者によって壊されたり、新しい形で建て直されたり、時代の流れとともにその姿を変え続けてきたのです。

ヴァンドーム広場は、17世紀に太陽王ルイ14世によって構想され、最初は「征服広場」と命名されました。

当初、広場の中心にはルイ14世の騎乗像があり、絶対王政の象徴となっていましたが、後にフランス革命が起こり、取り壊されてしまいます。

その後、ナポレオンが、1805年にアウステルリッツの戦いに勝利した記念として、ローマのトラヤヌス帝の凱旋記念柱をイメージした、ブロンズの記念柱を建てさせました。

円柱には、アウステルリッツの戦いの主要なエピソードを描いたブロンズの浅浮き彫りが、螺旋状に施されています。

言い伝えによると、アウステルリッツの戦いでロシアとオーストラリアの敵軍から奪い取った1200台の大砲を溶かして作られたと言われています。

この記念碑は、アウステルリッツの塔、勝利の塔、大陸軍の塔へと時代によって名称が変わっていきますが、現在はパリ市民から「コロンヌ・ヴァンドーム(ヴァンドームの円柱)」という通称で親しまれています。

永遠の価値を象徴するヴァンドーム広場。時代を越えて、私たちの心の中の価値観を写し出すシンボルとして、永遠に変わらない価値とヴィジョンを次の世代へと継承し続けてくれることでしょう。


タグ: ,

植物とサイエンスが融合したニナファームのスキンケア


1993年、フランス ニナファーム社(以下ニナファーム)は、世界抗酸化学会会長を務めるマーヴィン・イディアス博士を中心に、科学者たちの想いを結集し、設立されました。

世界抗酸化学会が進めるSOD(スーパー オキシド ディスムターゼ)の基礎研究をもとに、ニナファームはその応用と原料処方、臨床試験を行ない、SOD活性技術からミトコンドリアに至るまで、革新的市場の開拓に貢献しています。

研究者たちによる最新の研究報告が活発に行なわれている世界抗酸化学会およびニナファームは、現在もSODの独自研究による新しい抗酸化物質の活性メカニズムの証明により、製薬・健康食品・化粧品産業の分野において、世界のリーディングカンパニーとして先端を走り、国際的な評価を受けています。

そして、その研究の原点にあるのが、植物です。
フランスでは、さまざまな種類のハーブを美容や健康に役立ててきた歴史があります。また、世界各地でも植物など自然界の生命力を用いた伝承医学や民間療法が伝えられています。

ニナファームは広く世界に目を向け、国際ネットワークを通して世界中に広がるパートナーと連携。
各地に伝わる文化や歴史を学び、その考えや素材を研究し、より高度な発想と先端技術で製品開発に役立てています。

抗酸化をはじめとするさまざまな分野の研究機関との連携や、世界中で開催される学会での最新情報をいち早く入手できるニナファームは、5つの柱に基づき他の追随を許さない独自のエイジングケア成分を開発しています。

■ニナファームの研究・開発を支える5つの柱。

  1. 研究・開発
    植物由来エイジングケア成分へのこだわり

  2. 抽出技術
    植物の活性成分をあますことなく取り出す技術

  3. コンプレックス
    植物×植物が新たなパワーを生む

  4. ナノテクノロジー
    活性成分を壊さず送り込む独自のリポソーム

  5. 成分運搬技術
    早く、深く、的確に届ける技術

2003年、ニナファームが日本へ。西洋人とは異なる日本人の肌や生活環境、スキンケア習慣をふまえ、皮膚を知り尽くした研究者とのコラボレーションにより日本人向けに製品開発を実践し、多くの愛用者の方の若々しさ、美しさを守り続けています。

大気汚染、紫外線、ストレス…。エイジングプロセスは、年齢による肌機能低下を除くと私たちの生活環境に密接に関連しています。

ニナファームは、何年にも渡る抗酸化研究を活かし、「その日のダメージは、その日のうちにケア」することで、肌の力をサポートし、年齢を感じさせない美しさへと導きます。


タグ: , ,

【クレンジング&泡洗顔】正しい洗顔の心得


スキンケアの基本は汚れを落とすことです。
ニナファームジャポンの正しい洗顔の心得で、一日を過ごした肌の汚れを丁寧に落としてあげましょう。

クレンジング

落ちにくいしっかりメイクもやさしくオフ

落ちにくいと感じるしっかりメイクは、クレンジングを使ってきちんと落とすことが大切です。

ポイントは、デリケートな大人の肌にも安心して使えるクレンジング選びです。まず、肌になめらかに伸びるテクスチャーにこだわりましょう。

年齢を重ねると徐々にハリ不足を感じ始めます。硬めのテクスチャーを伸ばそうとしても肌がひっぱられ余計な負担をかけることに。

一方、なめらかなテクスチャーは、シワやキメにも入り込みやすくスルスルと素早くメイクを落とすことができます。

さらに、肌の刺激にならない成分であることはもちろん、硬くゴワついた角質をやわらかくほぐす、柔軟効果のある成分配合のクレンジングであれば、より肌の美しさに磨きをかけます。

濃密泡立て

洗顔の質を決めるのはきめ細かい泡のもっちり感

洗顔の良し悪しを決める大きなポイントは「泡の質」です。

きめ細かくなめらかで、洗顔中もつぶれない弾力のあるボリューミィな泡がまさに理想的。泡の粒が小さければ小さいほど泡全体の密度が高まり、石けんに含まれる吸着成分や美容成分にもこだわることで汚れ落ちも格段にアップし、クオリティの高い洗顔が実現します。

そんな良質な濃密泡をつくるためには、
①石けん成分が取りやすくなるよう、泡立て前に石けんを湿らせ、
②石けんを泡立てネットによくこすりつけ、
③少量の水分を徐々に加えながらネットをよく揉み空気を含ませ、弾力性に富んだたっぷりの泡をつくること。

泡といってもつくり方によってその質に大きな差がつきます。

泡洗顔

間違った洗顔は肌を傷める

美しい肌づくりのために欠かせない洗顔。

でも、その方法を間違えてしまっては角層トラブルの原因になることもあります。たとえば、よく泡立てずに少ない泡でゴシゴシと洗ってしまうと、洗うたびに手が肌に直接触れるので、摩擦が起こり、肌に大きな負担がかかります。

たっぷりの濃密な泡をクッション代わりにして、肌の上で泡をやさしく転がしながら、その泡に汚れを吸着させるような意識で洗いましょう。

すすぎはぬるま湯で肌をこすらないようにやさしくを心がけ、顔の水分をふき取る時も、タオルをそっと肌に当てるのが鉄則です。

さらに肌のゴワつきや疲れを感じる時には、たっぷりの泡を用いた泡パック洗顔がおすすめです。


タグ: ,

スキンケアの基本は「汚れを落とす」こと


さまざまなスキンケアステップがある中で、ニナファームジャポンは、肌の本質に着目した汚れを落とすケア、つまり「洗顔」こそが、角層をすこやかに保つためにもっとも大切なステップであると考えています。なぜなら、肌には自ら美しくなろうとする多くの力が備わっているにも関わらず、唯一汚れを落とすことができないからです。

汚れが付着したままの肌では角質肥厚を起こし、年齢を重ねるごとに乱れがちなターンオーバーのサイクルにさらなる乱れが生じます。また、洗顔後のスキンケアで与えたみずみずしいうるおいや上質な美容成分の浸透を妨げ、肌の力がますます発揮されなくなってしまいます。

いつまでも変わらない美しさのために、まずは古い角質や過剰な皮脂、メイクなどの汚れをしっかりと落とす洗顔を意識することから始めましょう。

古い角質やメイクなど美肌を邪魔するものを一掃

バリア機能で外からの刺激をブロックしたり、水分保持力によって肌からうるおいが逃げないように防いだりなど、肌は美しさを保つためにさまざまな力を併せ持っています。けれど、そんな肌でも唯一自らの力で汚れを落とすことはできません。

毎日の丁寧な洗顔で古い角質やメイクなどの汚れを落としてこそはじめて、肌本来の美しくなろうとする力が発揮されます。この力を保つためにも「洗顔」はとても大切なステップだということを心得ましょう。

余分なものが溜まった肌は美肌から遠のくばかり…

年齢を重ねるとターンオーバーのサイクルがどんどん長くなり、肌に備わるさまざまな力が発揮されにくくなります。その結果、角質肥厚を招き、肌荒れや乾燥、小ジワ、シミ、くすみ、シワ、たるみなど、多くの肌トラブルを引き起こします。

さらにこの状態に加え、メイクや皮脂などの汚れが肌に付着したままではますます肌の力は低下。さらなるターンオーバーの遅れにつながり、肌の老化により一層の拍車がかかります。

そんな大人の肌を救うスキンケアが「洗顔」です。朝の洗顔は、寝ている間に分泌された余分な皮脂などの汚れを落とすために。夜の洗顔は寝ている間に行なわれる肌の生まれ変わりをサポートするために古い角質はもちろん、一日を過ごした肌の汚れを丁寧に落としてあげましょう。朝晩の正しい洗顔がすこやかな肌へと導きます。

洗うことで美肌が生まれるワケ

  • 角質肥厚を防ぐ
  • ターンオーバーがスムース
  • 刺激に負けない肌に整う
  • 肌がみずみずしくうるおう

タグ: , ,

肌が本来持つ力を発揮できる肌こそ美しい(後編)


前回は戦う力・守る力・保つ力をご紹介しました。
後編も、ニナファームジャポンと一緒に学んでいきましょう。

うるおす力

角層に備わる水分保持力は、守る力と保つ力でご紹介した細胞間脂質と皮脂膜の他に、「天然保湿因子(NMF)」が支えています。

皮脂膜は肌表面を覆って肌内部の水分蒸散を防ぎ、細胞間脂質は角層の細胞と細胞の間の水分をつなぎとめてキープしています。そして、天然保湿因子(NMF)は、その高い吸湿性によって細胞内の水分をしっかりと抱え込んでいます。

細胞間脂質と天然保湿因子(NMF)は、正常なターンオーバーによる細胞のすこやかな成長過程において十分につくり出されるものなので、さまざまな要因によってターンオーバーが乱れてしまうとこの2つの保湿成分が減少し水分保持力の低下を招きます。また角層内の水分量は、バリア機能の働きにも大きく影響します。ターンオーバーが乱れないように注意しましょう。

生まれ変わる力

見た目にも手触りにも影響し、肌の美しさを決定づけるのが「角層状態」です。健康な角層を維持することができると、年齢を重ねても常に若々しい肌印象を保つことができます。

そこでカギを握るのが、正常なサイクルで繰り返される「ターンオーバー」です。たとえば、肌にすり傷ができても、日焼けをしても、時間が経てば元のきれいな状態に戻ります。これは、ターンオーバーで肌細胞が絶えず新しいものに入れ替わっている証拠。

また、肌のみずみずしさやなめらかさ、明るさを引き出す肌本来の力も、ターンオーバーのサイクルが正常に整うことで発揮されます。ターンオーバーのサイクルは遅くても逆に早くても角層状態に影響し、肌の美しさそのものが失われてしまいます。
日々のケアで正常なサイクルを維持しましょう。

弾む力1

肌のハリと弾力を支える真皮の主役はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸ですが、この3つをつくり出す源となるのが「線維芽細胞」です。
若い頃に感じた肌のハリや弾力は、線維芽細胞が活発に働き、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が古くなっても、すぐに分解し、新しいものをつくって、入れ替えることで保たれています。

ところが肌の老化を促進する酸化や糖化の影響によって線維芽細胞が衰えたり、数が少なくなると、古いものを分解したり、新しいものをつくり出したりする力が弱まるので、年齢を重ねるにつれてハリや弾力不足を感じてしまうというわけです。若々しい印象にもつながる肌のハリや弾力。それを保つには、線維芽細胞の働きを十分に発揮させることが大切です。

弾む力2

フェイスラインがすっきりと引き締まった上向きのハリ、ふっくらとしたボリューム感。これも若々しい印象を保つうえで欠かせない美肌の条件です。ここには主に2つの要素が関係しています。

一つは「コラーゲンの結束力」です。まずコラーゲンとは単純な1本の繊維ではなく、3本が束になった構造をしています。この束が強く結束し、さらに多く集まることで丈夫なコラーゲンとなり、真皮の中で立体的なネット構造をつくりながら表皮を下から支えています。

そしてもう一つは「皮下組織の脂肪量」です。脂肪と聞くとマイナスイメージに捉えがちですが、若さ特有のハリ・弾力・ボリューム感は適度な脂肪量があってこそ生まれます。いつまでも肌を美しく保つためには、脂肪は必要な存在といえます。


タグ: , ,