肌が本来持つ力を発揮できる肌こそ美しい(後編)


前回は戦う力・守る力・保つ力をご紹介しました。
後編も、ニナファームジャポンと一緒に学んでいきましょう。

うるおす力

角層に備わる水分保持力は、守る力と保つ力でご紹介した細胞間脂質と皮脂膜の他に、「天然保湿因子(NMF)」が支えています。

皮脂膜は肌表面を覆って肌内部の水分蒸散を防ぎ、細胞間脂質は角層の細胞と細胞の間の水分をつなぎとめてキープしています。そして、天然保湿因子(NMF)は、その高い吸湿性によって細胞内の水分をしっかりと抱え込んでいます。

細胞間脂質と天然保湿因子(NMF)は、正常なターンオーバーによる細胞のすこやかな成長過程において十分につくり出されるものなので、さまざまな要因によってターンオーバーが乱れてしまうとこの2つの保湿成分が減少し水分保持力の低下を招きます。また角層内の水分量は、バリア機能の働きにも大きく影響します。ターンオーバーが乱れないように注意しましょう。

生まれ変わる力

見た目にも手触りにも影響し、肌の美しさを決定づけるのが「角層状態」です。健康な角層を維持することができると、年齢を重ねても常に若々しい肌印象を保つことができます。

そこでカギを握るのが、正常なサイクルで繰り返される「ターンオーバー」です。たとえば、肌にすり傷ができても、日焼けをしても、時間が経てば元のきれいな状態に戻ります。これは、ターンオーバーで肌細胞が絶えず新しいものに入れ替わっている証拠。

また、肌のみずみずしさやなめらかさ、明るさを引き出す肌本来の力も、ターンオーバーのサイクルが正常に整うことで発揮されます。ターンオーバーのサイクルは遅くても逆に早くても角層状態に影響し、肌の美しさそのものが失われてしまいます。
日々のケアで正常なサイクルを維持しましょう。

弾む力1

肌のハリと弾力を支える真皮の主役はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸ですが、この3つをつくり出す源となるのが「線維芽細胞」です。
若い頃に感じた肌のハリや弾力は、線維芽細胞が活発に働き、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が古くなっても、すぐに分解し、新しいものをつくって、入れ替えることで保たれています。

ところが肌の老化を促進する酸化や糖化の影響によって線維芽細胞が衰えたり、数が少なくなると、古いものを分解したり、新しいものをつくり出したりする力が弱まるので、年齢を重ねるにつれてハリや弾力不足を感じてしまうというわけです。若々しい印象にもつながる肌のハリや弾力。それを保つには、線維芽細胞の働きを十分に発揮させることが大切です。

弾む力2

フェイスラインがすっきりと引き締まった上向きのハリ、ふっくらとしたボリューム感。これも若々しい印象を保つうえで欠かせない美肌の条件です。ここには主に2つの要素が関係しています。

一つは「コラーゲンの結束力」です。まずコラーゲンとは単純な1本の繊維ではなく、3本が束になった構造をしています。この束が強く結束し、さらに多く集まることで丈夫なコラーゲンとなり、真皮の中で立体的なネット構造をつくりながら表皮を下から支えています。

そしてもう一つは「皮下組織の脂肪量」です。脂肪と聞くとマイナスイメージに捉えがちですが、若さ特有のハリ・弾力・ボリューム感は適度な脂肪量があってこそ生まれます。いつまでも肌を美しく保つためには、脂肪は必要な存在といえます。


タグ: , ,

肌が本来持つ力を発揮できる肌こそ美しい(前編)


あふれるうるおい・ハリ・透明感は、肌本来の力によって支えられています。この肌力を発揮するには十分なケアが必要です。ニナファームジャポンと一緒に学んでいきましょう。

戦う力

美しさや若さを追求するためには、細胞レベルで考える必要があります。肌の美しさの源は細胞の正常な働きによるものなので、活性酸素が過剰に発生し、細胞の酸化や糖化が起こっては、トラブルの根本的な解決にはなりません。

もちろん、細胞も活性酸素の攻撃を受けているばかりではありません。細胞は活性酸素と戦うために「抗酸化酵素(SOD)」をつくり出しています。

細胞の中がSODで満たされ、その働きを十分に発揮できれば、活性酸素を過剰に発生させることなく、細胞本来の働きを維持することができます。

しかし、年齢とともに細胞内でSODをつくり出す力は低下するので、毎日の習慣として、SODと同じ働きをする抗酸化物質を上手に活用し、肌本来の力を高めることが大切です。

守る力

私たちの肌は、日々紫外線や空気中に含まれる化学物質、また、細菌やウイルスなどの刺激にさらされています。

本来であれば、肌トラブルを起こす要因となりますが、肌に備わるすぐれた力によって、さまざまな刺激や異物の侵入を防ぎ、すこやかな状態を保っています。この肌の力を「バリア機能」といいます。

バリア機能は、表皮の一番外側に位置する角層に備わる働きの一つです。角層の中では、ターンオーバーによって基底層から押し上げられた肌細胞が、まるでレンガのように何層にも積み重なっています。

さらに、このレンガをより強固なものにするために、細胞と細胞のすき間をセラミドを主成分とした細胞間脂質がセメントの役割をしながら細胞同士をぴったりと密着させ、外部刺激をしっかりとブロックしています。

保つ力

肌表面を皮脂膜が覆い保護することで、雑菌の繁殖や外からの刺激を防ぎ、肌の健康が保たれています。皮脂膜とは皮脂と汗が混ざり合ったもので「天然のクリーム」ともいわれています。

健康な肌は、pH(ペーハーもしくは、ピーエッチ)4.5~6.0の弱酸性を常にキープし、細菌やカビの繁殖を抑えます。そしてこのpHを一定に保つ働きが「アルカリ中和能」です。

たとえば汚れをきちんと落とすためには、石けんなどの弱アルカリ性の洗浄料でなければいけませんが、一時的に肌がアルカリ性に傾いたとしても、このアルカリ中和能の働きによって肌表面は元の弱酸性に戻ることができます。

ところで、洗顔料などで弱酸性と聞くと一見肌にやさしいイメージを持ちますが、実は汚れ落ちが弱いので逆に肌トラブルを招くこともあるのです。


タグ: , ,

運命の「ハリ」と出会えるクリーム


2016年6月に誕生した、大人の肌に福音をもたらす待望のクリーム。それが、フランス ニナファーム社初の日本向けスキンケアアイテム「クリーム レボリューション B-1789」です。

独自のエイジングケア理論と長年の抗酸化研究に基づき、5年という歳月をかけ開発されたこのクリームは、本格化したシワやたるみのメカニズムを根本から見つめ直し、新たな発想のもと、斬新なアプローチでハリの核心に迫ります。

最大の魅力は、これまでのハリケアにありがちな、単にコラーゲン生成をサポートするだけではなく、同時に「コラーゲンの結束力強化」と「皮下組織のボリュームアップと肌構造の再構築」に着目し、大人の肌のハリをどこまでも追求し、うるおいに満ちた美しい肌へ導くことです。

年齢とともに現れる肌悩みのほとんどが、肌のハリを制することで一網打尽にできるといっても過言ではありません。肌の内側から湧き上がるハリがあればシワはできにくく、目もと・口もとが引き締まり、顔立ちまでもシャープに。見た目にも若々しい肌印象を手に入れることができます。「ハリさえあれば」。そんな大人の肌の願いを叶えてくれる逸品なのです。

「ハリ」の質にこだわれば、肌印象はもっと美しく、もっと若くなる

肌のハリは美しさ、若々しさの源。だからこそ、ハリの質にはとことんこだわって欲しいのです。

  1. 肌がすっきりと引き締まり全体が上向き
  2. ふっくらとしたボリューム感や弾力感がある
  3. 陶器のように均一でなめらか

この3つが揃ってこそ質の高い「真のハリ」といえます。どこから見てもスキがなく、印象も若々しい、美しい肌をつくります。

「クリーム レボリューション B-1789」のスキンケアが目指すのは、まさにそれ。肌のハリ不足を年齢であきらめない、すべての大人の肌の美しさを開花させるために誕生した究極のスペシャルケアクリームは、今、そして未来の肌の運命を感動へと導きます。

朝と夜、いつものスキンケアに取り入れて、至福のクリーム美容を。肌の上でとろけるようになじむ感触に心をときめかせ、きっと訪れる美しい瞬間をあなた自身の肌で感じてください。


タグ:

ニナファームジャポンが考える、すこやか頭皮の育て方


ニナファームジャポンが考えるスカルプケアについてご紹介します。

髪の成長を促すポイントは、頭皮環境を整えて毛母細胞の働きを活性化することです。抜け毛などの悩みはもちろん、なんとなく髪にコシがない、パサつく、髪が痩せてボリューム感がでないなど、髪の質の悪さを感じたら、頭皮の状態をチェックしてみましょう。

頭皮は顔の肌と同じ構造。すべては頭皮の汚れを落とすことからはじまります。スカルプケアとは、頭皮のお手入れのことです。

少し前までは、抜け毛や薄毛などが気になる方の特別なお手入れと思われていましたが、今は男女・年代を問わず必要なお手入れ、美しい髪を育むためのお手入れ、として認識されています。スカルプケアのポイントは、頭皮を洗う=シャンプーとなります。

「髪が育たない」頭皮の要因は、過剰な皮脂や乾燥フケ、雑菌など頭皮の表面に付着した汚れです。顔の肌もまず洗顔で肌コンディションを整え、栄養を与えるように、頭皮もしっかり洗い、清潔に保つことが重要なのです。

そして、シャンプーの選び方、洗い方にも気を使うことが大切です。繰り返すようですが、頭皮は顔の肌の延長です。肌にやさしい植物成分で刺激を与えることなく毛穴の奥まですっきり汚れを落とすことが基本です。

さらに、頭皮に必要なうるおいはそのままに、スキンケア感覚のシャンプーなら、より効果的に頭皮環境を整えることができます。

シャンプー後は髪を芯からいたわりハリ・コシを与えるトリートメント、髪のダメージが特に気になる方は、週2~3回毛先までしなやかにまとまるヘアマスクでお手入れ。スカルプケアを中心にした簡単ステップで「髪が育つ」頭皮をつくり、すこやかな髪の発育を促しましょう。

髪にはヘアサイクルというものがあります。このへアサイクルによって髪は常に生え変わり、美しく丈夫な髪を維持しています。

ところが髪の土台となる頭皮にトラブルがあると、このサイクルが乱れ、髪が育たなくなり薄毛や抜け毛、細毛などの原因となります。
言ってみれば荒れた大地に作物は育たないのと一緒です。要因として加齢による頭皮のエイジングもありますが、多くはケア不足から頭皮のトラブルを招いています。

スキンケアと同じくらい徹底したヘアケアをすることが大切です。


タグ: , ,

うるおいキープで若々しく、保湿のお話


美しい肌に欠かせない条件のひとつ、それはうるおいです。

肌がうるおいで満たされると、ふっくらとキメ細やかになり透明感もアップ。見た目年齢がぐんと若返ります。

では、肌がうるおいで満たされた状態を保つにはどうすればよいのでしょうか。大切なのは、「保湿」です。

美しい肌を育む正しい保湿ケアについて、ニナファームジャポンと一緒に学んでいきましょう。

なぜ保湿ケアが大切なの?

うるおいに満ちた肌は美しいもの。なぜなら肌を美しく保ち、育むために必要な肌本来の力は「うるおい」で満たされてこそ発揮されるからです。

そもそも私たちの肌には、水分をキープする力「水分保持力」が備わっています。しかし、残念なことにその力は年齢を重ねるごとに低下します。

そのまま何もお手入れをしないで放っておくと、肌の水分量はますます減少し、肌はカサつき、慢性的な乾燥状態に陥ります。

乾燥はそのほかの肌の力を弱めることにもつながり、さらなる深刻なトラブルを引き起こす結果に。だからこそ肌の水分をキープし、乾燥を防ぐ保湿ケアが大切なのです。

毎日の丁寧な保湿ケアで、水分保持力を高めることは十分に可能です。うるおいに満ちた肌を育み、いつまでも変わらない美しさを叶えましょう。

保湿ケアとは…肌の水分をキープし、乾燥を防ぐためのスキンケアのこと

肌に水分たっぷり→美しい肌!

キメ細かくなめらかで、透明感、ツヤ、ハリのある美しい肌は、肌に備わる「自ら美しくなろうとする力」が存分に発揮されることで育まれています。

外部刺激を防ぐ力、常に新しく生まれ変わる力、ダメージを受けたら修復する力など、これらの力が発揮されるためには肌に水分がたっぷりと蓄えられている状態、つまり、水分保持力の高い肌がカギを握っているのです。

さらに、水分保持力には、肌にもともとある「皮脂膜」「細胞間脂質」「天然保湿因子」と呼ばれる3つの保湿成分が関わっていることもぜひ覚えておきましょう。

肌から水分が逃げる→トラブル続出!

年齢を重ねて水分保持力が低下した肌は、慢性的な乾燥状態です。

さらにクーラーや暖房といった環境の変化やお手入れ不足などが重なると、水分保持力はさらに低下し、肌内部の水分はどんどん逃げていきます。

乾燥の悪循環に陥った肌は、硬くゴワつき、角質肥厚によって小ジワが発生。バリア機能も低下し、紫外線や摩擦などの外部刺激を受けやすくなり、シミ、くすみ、深いシワ、たるみなど、さまざまなトラブルに発展することもあります。

そうなる前に肌が自ら美しくなろうとする力を発揮できる水分保持力の高い肌を育むことが大切です。


タグ: ,