健康と美容のカギになる腸内環境のお話

9月分画像1
消化不良や腹痛、風邪、肌トラブルなど、体の不調を感じたときに、それぞれに合った対策もありますが、まずは、腸内環境を見直してみてはいかがでしょう?

実は腸は全身の健康や美容と深いつながりがあるのです。身体の不調はもしかしたら腸内の状態が良くないからかもしれません。

いつまでも健康で美しくあるために、腸内環境について考えてみましょう。ニナファームジャポンがご紹介します。

1.腸ってどんな器官?

私たちは食事によって栄養素を摂取します。腸はその栄養素を体内に吸収する役割を担う大切な器官。腸から吸収された栄養素は血液によって全身に運ばれ、身体をつくり、生命を維持する材料となっているのです。

ただ、食事をすると栄養素と一緒に病原菌やウイルスなども体内に入ってきてしまいます。それらを除去するのも腸の役割。体内の免疫細胞のうち約7割が腸に集まっており、侵入してきた病原菌やウイルスを取り除いてくれているのです。

つまり、腸がすこやかに働いているからこそ、健康と美を維持できるということ。それゆえ腸内環境を整えることはとても大切なのです。

2.腸内細菌って何?

腸内環境をつくっているのは、腸内に棲みついている腸内細菌です。

腸内に約100兆個もいるといわれる腸内細菌は、健康と美容に有益に働く「善玉菌」、病気や不調の原因となる「悪玉菌」、そして良い働きも悪い働きもする「日和見菌(ひよりみきん)」の3つに分類されます。

腸内環境の良し悪しは、この3つの菌のバランスで決まります。

3.腸内で悪玉菌が増えるとどうなる?

腸内で悪玉菌が増えると、食事で摂ったタンパク質や脂質の腐敗が進み、毒素などの有害物質が発生。それによって活性酸素も発生し、腸の働きが低下します。

さらに有害物質が腸から吸収されて血液によって全身に運ばれると、その先々でも活性酸素が発生し、生活習慣病や肌トラブルなど身体全体に悪影響を及ぼします。

4.腸内環境はコントロールできる?

腸内では善玉菌と悪玉菌が相手より優位に立とうと戦っていますが、健康と美容のためには善玉菌の味方をしたいもの。

善玉菌の好物は野菜や発酵食品、悪玉菌は肉や油が大好物です。適度な運動を好む善玉菌に対して、悪玉菌はストレスが大好き。

そのため、食生活や生活習慣を見直すことで腸内環境はコントロールできるのです。

5.加齢が腸内環境を悪化させる?

腸内細菌のバランスは、50代頃を境に善玉菌が減り、悪玉菌が増えていくことがわかっています。これまで健康に過ごしてきた人も、いつも以上に気をつける必要があります。

食生活を整え、生活習慣を改善することはもちろん、サプリメントなどを取り入れて理想的な腸内環境を目指しましょう。


タグ: , ,

首&デコルテに忍び寄る「年齢サイン」にご用心

8月分画像2回目差し替え
顔のスキンケアはきちんと行なっていても、つい首やデコルテのスキンケアはおろそかにしていませんか?

年齢が出やすいのは、顔だけではありません。首やデコルテも「年齢サイン」が現れやすい部位なのです。

また、顔の延長線上にあるため視線が集まりやすく、ケアの行き届いた顔の肌と比べ、ゴワつきやシワが目立ったり、肌の色のトーンが違ったりすると、それだけで見た目年齢をグンと上げてしまうことに。顔の印象も老け込んでしまいます。

だから、ニナファームジャポンの首&デコルテケアで顔同様に首やデコルテも抜かりなくケア!トータルな美しさ、若々しさに一歩近づける秘訣です。

STEP1.不要なものは洗って

一日を過ごした首やデコルテにも、顔と同様に汗や皮脂、古くなった角質などが混在しています。まず、この汚れをしっかり落とすことが大切です。

もちろん、ゴシゴシ擦るなど刺激を与える洗い方はNG。さらに肌のうるおいまで奪ってしまうようなボディソープは、汚れが落ちても角層がダメージを受け、バリア機能が低下し、さまざまなトラブルを招くことに。

肌に良質な美容成分が豊富な泡でやさしく洗いましょう。

やさしく洗い、すっきり落とすための3つのルール

  1. ボディタオルは肌に負担をかけないシルクやコットン素材を選ぶ
  2. たっぷりの泡をつくり、擦らずに肌の上を滑らせるように洗う
  3. 肌にやさしい洗浄成分、美容成分配合のボディソープを選ぶ

STEP2.うるおいを与えて、逃さない

年齢とともに大人の肌は、とかく乾きやすい傾向にあります。それは顔も身体も同じ。お風呂で汚れを落としたら、うるおいを与えて逃がさない補水&保湿のお手入れでバリア機能をサポートしましょう。

とくに専用アイテムを用意しなくても、顔のスキンケアの流れで一気にケアすることが、長続きの秘訣。手に残った顔用のスキンケアアイテムをそのまま首やデコルテになじませます。

足りない場合や乾燥が気になるときには、少し足してちょっと多めになじませます。その後、顔と同様に擦らずハンドプレスでうるおいを角層深く届けます。

角層深くうるおいを与え、逃さない、3つのルール

  1. 顔のスキンケアの流れで行ない、毎日続ける
  2. 肌がしっとりやわらかくなるまで十分な補水&保湿
  3. 保湿ジェルはリンパの流れにそってなじませる

タグ: , ,

大切な家族の健康のために

ビューティコラム20170810
犬や猫は人間よりも早いスピードで年をとります。そのスピードを変えることはできませんが、日々の生活習慣で老化をゆるやかにすることはできます。

いつまでもすこやかに元気でいてほしい家族のために、ニナファームが提唱する「抗酸化ライフ」をはじめてみませんか?

老化を加速する活性酸素は、ペットにとっても大問題

活性酸素がもたらす「カラダの酸化」は、人間だけに起こることではありません。ペットもしかり。免疫力の低下や老化の加速などさまざまなトラブルの引き金になりかねません。

本来、体内で発生した活性酸素は、生体内でつくられる抗酸化酵素(SOD、カタラーゼなど)によって、その量が増え過ぎないように消去・抑制されています。ところが、人間同様にペットも年齢とともに酵素の生成能力は低下の傾向にあり、体内の抗酸化酵素だけでは処理することが非常に難しくなってきます。

人間であれば、体内の抗酸化酵素と同じ働きをする抗酸化物質を植物や野菜、果物などから意識して補うこともできますが、ペットはなかなかそうはいきません。

大切なペットのすこやかな毎日のためにも、私たち飼い主がサプリメントなどを上手に活用し、ペットのカラダの酸化を防ぐ最初の防御線を強化してあげることが大切なのです。

活性酸素が発生すれば、酸化だけではなく、糖化も心配

酸化と並び、老化の促進や病気を引き起こす要因に糖化があります。糖化は体内のタンパク質と糖質が結びつくときに起こる反応で、タンパク質本来の働きを低下させます。

活性酸素はこの糖化反応を促進させ、また、糖化が進むことによって、さらに活性酸素が過剰に発生してしまいます。この負のスパイラルを断ち切り、ペットのすこやかな毎日をサポートするためには、抗酸化ライフを日々の習慣に取り入れることが大切になります。

腸内環境の良し悪しは、ペットの体調を大きく左右

ウンチはすべてを語る、ではないですが、犬や猫の便の状態を観察することは健康のバロメーターになります。

たとえば、ストレスや感染症など、さまざまな要因で腸内環境が悪くなると、食べたものが消化されず、ウンチが妙にくさくなったり、ゆるくなったりします。

とくにシニア世代では、腸内の善玉菌の減少が著しくなり、思わぬ病気の引き金にもなります。また、悪玉菌が増えると腸内細菌のバランスも崩れ、ウンチだけではなく、体臭や口臭もきつくなる場合があります。さらに、悪玉菌から発生する毒素やガスを排除するために大量の活性酸素が発生してしまいます。

腸内環境を整えることは、抗酸化ライフと同じくらい、ペットのすこやかなカラダづくりに欠かせないポイントなのです。

いつまでも活動的に動き回れるカラダでいて欲しい

シニア世代のペットには、運動機能の衰えとともに関節炎などの症状が出やすくなります。「あんなに元気に動き回っていたのに…」。家族の変化に戸惑うこともしばしば。

いつまでも元気にお散歩したり、動けるカラダのためには、「関節ケア」がとても大切。抗酸化ライフとともに取り入れたい習慣のひとつです。

抗酸化研究のリーディングカンパニーであるニナファームならではの独自の視点で、ペットのエイジングを見つめ、すこやかな未来を応援します。


タグ: , , , ,

プロバイオティクスが命を豊かに育む

7月分画像1
身体のためには良質なものを、良質なものを育てるためには良質な土壌を育てることが必要です。

早くから乳酸菌の力に注目していたニナファームジャポンでは、その働きを生かしたプロバイオティクス環境農業にも着手。すこやかな生態系を守り、身体、命を豊かに育む良好なサイクルづくりに力を注いでいます。

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える乳酸菌などの微生物のこと。

土壌中にプロバイオティクスを投入する農法が注目され、豊かな自然環境や食生活を守ることが、命をすこやかに育むことにつながります。環境保護が求められるなか、その力にますます期待が集まることでしょう。

プロバイオティクスを用いた農法。

プロバイオティクス環境農業で使われるさまざまな微生物のことを「エンド(内側)ファイト(植物)」と呼びます。

エンドファイトの力で、植物の成長を助けたり、免疫力を高めることができるため、従来のように過剰な農薬や化学肥料に頼る必要がありません。地球環境を守る安心で安全な農法です。

ニナファームが取り組むプロバイオティクス

ニナファームジャポンでは、2011年よりプロバイオティクス環境農業による米づくりをスタート。

長年米の生産を続けてきた農家の方が驚くほど、生命力にあふれた力強い稲が毎年育っています。収穫された稲は「にな光」として限定販売しています。

乳酸菌のチカラが土壌をつくる

エンドファイトのひとつである乳酸菌をわき水に配合することで、乳酸菌が根から稲の中に入り込み、稲の抵抗力が高まり、害虫や病気、環境の変化などに負けない強い稲が育つといわれています。

今後の可能性

プロバイオティクス環境農業は水耕栽培、土耕栽培、有機農業などに利用でき、稲作や野菜など、植物の成長を促進させるといわれています。

家畜の飼育でも餌に抗生物質を混ぜる必要がないため、消費者の健康と環境保全につながると期待されています。


タグ: , ,

抗酸化を究める

7月image3
抗酸化という言葉をご存知ですか?
体内で過剰に発生すると細胞を傷つけてしまう活性酸素に対し、私たちの身体が備えている防御システムのことです。

活性酸素は老化や病気に深く関係するといわれており、それに対抗する「抗酸化」はフランス ニナファーム社が日々注力して研究を進めている分野でもあります。若々しくすこやかな身体を守るために、皆さんもそのメカニズムについて知っておきましょう。

増え過ぎると細胞に害を与えてしまう両刃の剣「活性酸素」

活性酸素は、体内に害を及ぼす異物が侵入した時、それを排除するために主に細胞内のミトコンドリアでつくられます。

本来はウイルスや病原菌の侵入、喫煙や食品添加物の大量摂取、紫外線や放射線などに対して細胞を防御する役割を果たしますが、過剰に発生すれば逆に害を及ぼす両刃の剣。

通常であれば発生した活性酸素は体内の抗酸化による防御システムによって消去・抑制されますが、過剰な発生や抗酸化力の衰えによって消去されきれずに残ると細胞を攻撃して酸化させ、細胞の正常な働きを失わせます。その結果、老化の加速、動脈硬化などの生活習慣病を招きます。

また、細胞の代謝機能が落ちることで肌の老化原因にも深く関わっています。

活性酸素には数種類あり、代表的なものにスーパーオキシドラジカル、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素があげられます。前者2種の活性酸素はフリーラジカルといわれるもので特に強力です。

現代社会において、活性酸素の発生を抑えることは難しいことです。それだけに抗酸化という活性酸素に対抗する人体の防御システムをしっかりと機能させて、過剰な活性酸素を排除することが重要です。

身体の中の重要な防御システム「抗酸化」

抗酸化とは、私たちの身体が本来持っている防御システムのひとつで、活性酸素を抑制する働きをいいます。

抗酸化作用のある物質にはさまざまあり、一般的には野菜や果物、植物などに含まれるビタミンCやE、ポリフェノールなどがあげられますが、重要なのが私たちの体内でもつくられている抗酸化酵素です。

これは活性酸素と戦うタンパク質で、代表的なものにSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、CAT(カタラーゼ)、GPX(グルタチオンペルオキシダーゼ)があげられます。

その働きは、SODがスーパーオキシドラジカル、CATは過酸化水素、GPXがヒドロキシルラジカルを抑制する役割を担っています。一重項酸素の抑制にはポリフェノールなどの抗酸化物質が効果を発揮します。

このように通常なら体内で発生した活性酸素は抗酸化酵素などによって適切に消去・抑制され、自然にコントロールされています。ところがさまざまな要因によって過剰に発生すると処理しきれなくなってしまいます。

さらに40代頃からは体内の抗酸化酵素が減少するという事実もあり、年齢とともに老化の促進や生活習慣病など活性酸素による影響が出てきやすくなります。

これを押しとどめるためには、活性酸素発生の要因から身体を守るとともに、体外から抗酸化物質を補い、その働きを助けていくことが大切です。


タグ: , , ,