新茶で一息 ホッ!


ニナファームジャポンのスキンケア商品にも配合されている緑茶成分。

緑茶に関する医学の研究が進み、カテキンに代表される抗酸化物質など、優れた健康効果が次々と証明されています。
日常的に緑茶をよく飲む人は、全く飲まない人と比べて、様々な病気の発症リスクが低く、
美容にも健康にも良い影響を与える数々の成分を含んでいることがわかってきています。
血圧や血糖値の上昇を抑え、抗菌、抗炎症、抗ウィルス作用や美肌効果もあります。

特に、今しか味わえない「新茶」は、爽やかな緑の色と香りで心まで癒してくれそうです。
秋に花を付け、冬を超えて春の太陽をたっぷり浴びて育ち、やっと新芽を出すこの季節、
一心二葉を丁寧に手摘みされた新茶は、若々しく、味も香りも見た目にも新鮮そのものです。

なじみ深い緑茶である煎茶は、新鮮な茶葉を蒸して揉んで作られます。
新芽が開き始めた頃に日の光を遮って育てられた玉露は、少ない渋みと豊富な旨みが特徴です。

煎茶をつくる工程でひと工夫加えて丸みのある形状に仕上がったら玉緑茶の出来上がり。
渋みが少なくまろやかな味わいは緑茶の中でも親しみやすい種類です。

蒸した玄米を炒って煎茶などの茶葉を混ぜた玄米茶は、玄米の香ばしさが引き立ちます。
玄米が入っている分、煎茶など他の茶葉に比べてカフェインの量が抑えられるため、小さな子供にもおすすめです。

香ばしい香りといえば、ほうじ茶も有名ですね。ほうじ茶は、煎茶などを強火で炒って作られます。
きつね色になるまで炒ることで、あの香ばしい香りが引き立つ茶葉になります。
十分に炒ることで熱によってカフェインが少なくなるため、カフェインが気になる人でも飲みやすい種類です。

揉まずに乾燥することで生まれるてん茶は、豊かな風味と程よい渋みで、石臼などで挽くと抹茶になります。
抹茶はスイーツなどにも幅広く使われています。

緑茶は、まず湯気を目に当てて、次に香りを吸い込んで愉しみ、そして味わう・・・。
成分を知らなくても、昔の人は緑茶が健康に役立つことを理屈抜きで知っていたのですね。
私も理屈抜きで大好きな緑茶をいただきます。カラダが美味しいと言っているから・・・。

このコラムのカテゴリー・タグ