Coloriages(コロリアージュ)


今、フランスの女性たちの間で「コロリアージュ」が大人気です。コロリアージュとは、フランス語で「塗り絵」のこと。繊細でデザイン性の高い絵柄が特徴の大人の塗り絵です。

癒し効果と同時にセンスを磨ける趣味として、おしゃれに敏感な女性たちのハートを捉え、瞬く間に世界中でブームを巻き起こしました。日本でも密かにファンを増やしています。
ニナファームジャポンでもコロリアージュブームが広がっています。

コロリアージュを綺麗に塗るコツは、配色です。
メインの色を決め、さらに3~5色をちりばめると、統一感が出ます。
同系色を使って塗ってみるのもオススメです。
赤色を中心に塗ったものと、青色を中心に塗ったものでは、同じ絵柄でも異なる雰囲気が出せます。

初めてコロリアージュに挑戦する時には、モチーフとなった動植物の色を使ってみましょう。
植物が描かれているなら緑色を。犬が描かれているなら茶色やクリーム色など。
モチーフと同じ色を使うことで違和感なく進めることができます。

何枚か絵を完成させて慣れてきたら、カラフルな着色に挑戦してみるのも面白いです。
黄色や緑、オレンジやピンクといったポップな色で気持ちも華やかになります。

パソコンやスマホが生活の主となり、鉛筆を握ることが少なくなってきた現代。
たまに鉛筆で文字を書いたときに、前よりも下手になっていると感じることも少なくありません。
コロリアージュは色鉛筆を握って色を塗る作業のため、指のトレーニングにもなります。

あのエルメスも、コロリアージュのデザインに参入、独創的な塗り絵集を発売しました。
コロリアージュの魅力は、誰でも気軽にはじめられることと、完成した作品の美しさです。
用意するものは、原画と色鉛筆のみ、書店に特設コーナーができるほど図案も豊富です。

草花や動物、果物、ペイズリーやアラベスク柄などの原画に好きなように色を塗るだけ。
決まり事など何もない、少々のはみ出しも個性。色彩マジックで心地よい達成感です。
自由な感性でひたすら色を塗る・・・日常を離れて無になる時間、大切です。

このコラムのカテゴリー・タグ