世界に誇る食文化


一昨年、「和食:日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

周囲を海に囲まれて南北に長く、明確な四季と自然の恵みに工夫を凝らした和食の文化。

素材を活かした調理法、健康的な栄養バランス、自然の美を旬の食材で表現する繊細さ、年中行事や風物詩、茶道や禅の作法、もてなし、しつらえの心、陶磁器、漆器の芸術性。

日本が誇る和食の文化は、取り巻くすべてのディテールが世界中の注目を集めています。

「米を研ぐ。」「ご飯を装う。」食に込めた思いは、日本語の美しい表現に繋がります。

越後山脈、魚沼丘陵に降り積もる豪雪が春には雪解け水となり、肥沃な大地を潤します。

世界最高水準の稲作技術と乳酸菌を利用した「プロバイオティクス環境農業」が融合して、ニナファームジャポンのオリジナル米「にな光」が誕生して、今年で5年目を迎えました。

私たちは、世界に誇る食文化と美しい地球環境を次の世代に遺したいと考えています。

このコラムのカテゴリー・タグ