朝日を浴びよう!


秋から冬にかけて、倦怠感や気力の低下、気分の落ち込みを訴える人が増えるそうです。

日照時間が短くなる10月頃から症状が現れはじめ、3月頃になると自然に回復します。

ウィンターブルー(冬季うつ病)、原因はサーカディアンリズム(体内時計)の乱れです。

毎朝同じ時間に起きて朝日を浴び、夜はできるだけブルーライトを避けて今日中に寝る。
自然なリズムで生活することで、サーカディアンリズムをリセットすることができます。

朝の太陽を浴びると生命エネルギーを高める脳内の神経伝達物質セロトニンが分泌され、15~16時間後に眠りを誘うメラトニンが分泌されはじめるようにタイマーがセットされます。

夜10時から深夜2時の間は、「若返りのゴールデンタイム」といわれ、この間に熟睡すると脳下垂体から成長ホルモン(若返りホルモン)が分泌され、細胞がイキイキ生まれかわります。

朝日には神秘のパワーがあります。たっぷりチャージして、エイジング時計もリセット!

このコラムのカテゴリー・タグ