さかのぼればみやびうたげ

ニナファームのビューティコラム20160302
3月3日は雛祭り、桃の節句です。雛人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う行事ですが、ルーツを遡れば平安時代の宮中の神事、さらに古代中国の厄払いの行事に辿り着きます。

季節の節目に水辺でみそぎを行い、無病息災を願って酒宴を催す「上巳節じょうしせつ」を遣唐使が伝え、陰陽師おんみょうじが作った人形ひとがたけがれを移して川や海に流す儀式となり「流し雛」に繋がります。

庭園の流水に盃を浮かべ、流れ着く前に和歌を詠み、盃のお酒をいただく「曲水の宴」も平安貴族の風雅な宴遊かと思っていましたが、厄払いの禊が形を変えた神事なのです。
室町時代になると人形は流すものから飾るものへと変化し、桃の節句として定着します。

桃には、邪気を祓う神聖な力があるとされ、桃太郎は邪気の象徴の鬼を退治しに行きます。
「曲水の宴」で飲まれていたのも、桃の花びらを刻んで浮かべた「桃花酒とうかしゅ」だそうです。
桃の節句では「白酒」が一般的になり、子供も飲める「麹の甘酒」に代わってきています。

邪気を祓えば心はみんな少年、少女、le bel âge … 美しい年齢です。
On va faire la fête des poupées ! … お雛様パーティーをしよう!
五目寿司と蛤のお吸い物、菜の花の辛し和え・・・「桃花酒」も飲んでみた~イ!

このコラムのカテゴリー・タグ