Relax緩めよう!

ニナファームのビューティコラム20160309
現在、4人に1人が花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)で、国民病といわれています。
アトピー性皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー症状に悩む人も年々増え続けています。
これら粘膜(眼、鼻、喉)や皮膚のアレルギー症状は、腎臓の働きと深い関係があります。

雪解けの時期になると、植物たちはいっせいに花を咲かせ、新たな生命を生みだすために花粉を飛ばしはじめます。また冬の間じっとしていた微生物たちも活発に動きはじめます。
同じように冬の間は、寒さで緊張していた私たちのカラダも、春の訪れとともに緩んできます。

ところが、人によってストレスや低体温などにより、カラダをうまく緩められないことがあります。
特に腎臓が緩まないと汚れた血液を濾過できず、毒素や老廃物を排出することができません。

そこでカラダは、緊急処置として準備の整っていない腎臓に代わって、鼻や喉、眼の粘膜に指令を出して異物が体内に入るのを防ごうとします。この時粘膜が過剰に反応した結果、鼻水、涙、眼の痒みなどの症状が起こります。アレルギーは、免疫の過剰防御反応です。

アトピーなどの皮膚の炎症も体内毒素を排出する手段としてカラダが行う緊急処置です。
人間のカラダは本当にエライのです。自然界の一員として完全に設計された存在です。

アレルギーの症状は、「Relax!」のメッセージかもしれません。心もカラダも緩めましょう。

このコラムのカテゴリー・タグ