ニナファームジャポンが考える、すこやか頭皮の育て方


ニナファームジャポンが考えるスカルプケアについてご紹介します。

髪の成長を促すポイントは、頭皮環境を整えて毛母細胞の働きを活性化することです。抜け毛などの悩みはもちろん、なんとなく髪にコシがない、パサつく、髪が痩せてボリューム感がでないなど、髪の質の悪さを感じたら、頭皮の状態をチェックしてみましょう。

頭皮は顔の肌と同じ構造。すべては頭皮の汚れを落とすことからはじまります。スカルプケアとは、頭皮のお手入れのことです。

少し前までは、抜け毛や薄毛などが気になる方の特別なお手入れと思われていましたが、今は男女・年代を問わず必要なお手入れ、美しい髪を育むためのお手入れ、として認識されています。スカルプケアのポイントは、頭皮を洗う=シャンプーとなります。

「髪が育たない」頭皮の要因は、過剰な皮脂や乾燥フケ、雑菌など頭皮の表面に付着した汚れです。顔の肌もまず洗顔で肌コンディションを整え、栄養を与えるように、頭皮もしっかり洗い、清潔に保つことが重要なのです。

そして、シャンプーの選び方、洗い方にも気を使うことが大切です。繰り返すようですが、頭皮は顔の肌の延長です。肌にやさしい植物成分で刺激を与えることなく毛穴の奥まですっきり汚れを落とすことが基本です。

さらに、頭皮に必要なうるおいはそのままに、スキンケア感覚のシャンプーなら、より効果的に頭皮環境を整えることができます。

シャンプー後は髪を芯からいたわりハリ・コシを与えるトリートメント、髪のダメージが特に気になる方は、週2~3回毛先までしなやかにまとまるヘアマスクでお手入れ。スカルプケアを中心にした簡単ステップで「髪が育つ」頭皮をつくり、すこやかな髪の発育を促しましょう。

髪にはヘアサイクルというものがあります。このへアサイクルによって髪は常に生え変わり、美しく丈夫な髪を維持しています。

ところが髪の土台となる頭皮にトラブルがあると、このサイクルが乱れ、髪が育たなくなり薄毛や抜け毛、細毛などの原因となります。
言ってみれば荒れた大地に作物は育たないのと一緒です。要因として加齢による頭皮のエイジングもありますが、多くはケア不足から頭皮のトラブルを招いています。

スキンケアと同じくらい徹底したヘアケアをすることが大切です。

このコラムのカテゴリー・タグ