もっと知りたい肌のこと~真皮・皮下組織編~


前回は表皮についてご紹介しました。
今回は真皮と皮下組織の仕組みや働きについて、ニナファームジャポンと一緒に探ってみましょう。

真皮

ふっくらとしたハリ・弾力に満ちた肌の土台を築く

表皮の下に位置し、肌のハリや弾力を内側からしっかりと支えているのが「真皮」です。頬を強く押してもきちんと元に戻るのは、この真皮の働きによるものです。

真皮は、繊維芽細胞によってつくり出される「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」などで構成されています。

まず、私たちが肌のハリ・弾力と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、コラーゲンではないでしょうか。

コラーゲンは主にタンパク質でできた線維で、太いロープ状になって真皮の中でネット構造をつくっています。

そしてコラーゲンをつなぎとめるようにしっかり束ねているのがエラスチンです。

コラーゲン同様、タンパク質でできていて、ゴムのように伸び縮みする性質があります。これによって肌に弾力性だけではなく、しなやかな柔軟性ももたらしています。

さらに、コラーゲンとエラスチンでできたネット構造のすき間を満たしているのがゼリー状の基質でできたヒアルロン酸です。

最大の特徴は水分を抱え込む力にすぐれていること。ヒアルロン酸は、1gあたり約6ℓもの保水力があり、肌のうるおいとともに柔軟性も維持しています。

真皮の中には皮下組織から伸びた血管もあり、栄養素などの供給や老廃物の排出を担い、真皮や表皮の肌細胞の活発な働きをサポートしています。

皮下組織

ハリ・ボリューム感を生み出す、皮下組織

肌のもっとも内側にある層が「皮下組織」です。一見、肌の美しさとは関係ないように思われますが、若々しさの象徴ともいえるふっくらとしたハリやボリューム感は真皮だけではなく、この皮下組織の状態も関係しています。

皮下組織の大部分は脂肪細胞が占めています。脂肪細胞の中には脂肪が貯蔵され、適切な量が保たれることで、ふっくらとしたハリやボリューム感が生まれます。

ところが、加齢とともに脂肪量が減少すると、皮下組織に厚みがなくなり、まるで空気が抜けた風船のように肌はしぼんだ状態となります。土台が貧弱になることで、その上の表皮や真皮は重力に引かれ、深いシワやたるみなどが現れるようになります。

多くの場合「脂肪=敵」というイメージを持ちますが、このように、肌の美しさを保つためにはほどよい脂肪量は欠かせない存在なのです。

また、適正な脂肪量を含んだ脂肪細胞からは、繊維芽細胞を活性化する生理活性物質が分泌され、コラーゲン生成の増加につながることもわかっています。

このほか、皮下組織は表皮や真皮の肌細胞に栄養素や酸素を運ぶ血管と、老廃物を回収し、排出するリンパが通る場所にもなっています。

タグ: , ,

もっと知りたい肌のこと~表皮編~


肌は身体全体を覆い、温度や湿度の変化、紫外線、衝撃など、外から受けるさまざまな刺激から身体の中の諸器官を守る大切な臓器です。

そのため、とても複雑な構造をしています。そもそも肌は一枚皮でできていると思われがちですが、「表皮」「真皮」「皮下組織」の3つの層で構成されています。

これらの層がすこやかに育まれることは、身体を守るだけではなく、美しい肌をつくる基礎となります。

表皮・真皮・皮下組織の仕組みや役割をニナファームジャポンと学び、今よりももっと効果的なスキンケアを行なっていきましょう。

表皮

4層からなり、うるおいを保ち外部刺激から肌を守ってくれる

肌の一番外側に当たる層が「表皮」です。部位によって多少異なりますが0.2mmほどの厚さです。

表皮はさらに4層に分かれ、内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角層(かくそう)」の順に構成されています。

新しい肌細胞は、一番内側にある基底層で誕生します。その後成長しながら有棘層、顆粒層の順に上へ移動し、角層で一定期間留まった後、垢として剥がれ落ち、肌細胞の一生を終えます。

これを一般に「ターンオーバー」といい、約28日間の周期を繰り返しながら常にすこやかな肌を保っています。

そして普段私たちが見て触れている部分が「角層」です。角層は表皮の一番外側に位置し、その厚さはおよそ0.02mmと大変薄い層です。
しかし、肌や身体に刺激を与える異物をブロックしたり、体内の水分が逃げ出さないように防いだりするなど、最前線に立って身体を守っています。

このほかにも、表皮には肌老化のスピードを加速させる紫外線を跳ね返す働きも備わっています。

その役目を担う一つに、基底層に点在するメラノサイト(色素細胞)がつくる黒褐色のメラニン色素があります。

メラニンと聞くとシミをつくる悪者と思われがちですが、本来は、紫外線ダメージから肌内部をしっかりと守る大切な働きをしているのです。

タグ: , ,

永遠の価値を象徴する「ヴァンドーム広場」


ニナファーム誕生の地であるフランスの中でも多くの美しい歴史的建造物やモニュメントが立ち並ぶ“華の都パリ”。

その中で最も有名な広場のひとつとされるヴァンドーム広場は、チュイルリー公園、オペラ座やマドレーヌ寺院の間にあります。

この広場には、国際的に有名な宝飾店、高級ブランド店や名高い高級ホテルが軒を連ね、世界でも屈指の華やかさを誇る広場と言われています。

かつてはフランスを代表する作家達が住み、その美しく独創的な八角形のフォルムは、世界的なファッションデザイナーにもインスピレーションを与えたそうです。

広場の中心には、高さ約44メートル、直径約3.6メートルのブロンズのモニュメントがそびえ立ち、その一番上から、ローマ風の衣を身にまとったナポレオン皇帝の像が広場を見下ろしていますが、実は当初からあったものではないようです。

この美しい広場にある建造物の多くが、国の文化財に指定されています。

しかし、ヴァンドーム広場は、ただ歴史的な価値を持つだけではありません。国家権力の象徴でもあり、政治的に重要な意味を持っていました。

このモニュメントは、ルイ14世の王制時代からフランス革命、王政復古、ナポレオン皇帝の統治時代などを経て現在の共和制となるまで、時の権力者によって壊されたり、新しい形で建て直されたり、時代の流れとともにその姿を変え続けてきたのです。

ヴァンドーム広場は、17世紀に太陽王ルイ14世によって構想され、最初は「征服広場」と命名されました。

当初、広場の中心にはルイ14世の騎乗像があり、絶対王政の象徴となっていましたが、後にフランス革命が起こり、取り壊されてしまいます。

その後、ナポレオンが、1805年にアウステルリッツの戦いに勝利した記念として、ローマのトラヤヌス帝の凱旋記念柱をイメージした、ブロンズの記念柱を建てさせました。

円柱には、アウステルリッツの戦いの主要なエピソードを描いたブロンズの浅浮き彫りが、螺旋状に施されています。

言い伝えによると、アウステルリッツの戦いでロシアとオーストラリアの敵軍から奪い取った1200台の大砲を溶かして作られたと言われています。

この記念碑は、アウステルリッツの塔、勝利の塔、大陸軍の塔へと時代によって名称が変わっていきますが、現在はパリ市民から「コロンヌ・ヴァンドーム(ヴァンドームの円柱)」という通称で親しまれています。

永遠の価値を象徴するヴァンドーム広場。時代を越えて、私たちの心の中の価値観を写し出すシンボルとして、永遠に変わらない価値とヴィジョンを次の世代へと継承し続けてくれることでしょう。

タグ: ,

植物とサイエンスが融合したニナファームのスキンケア


1993年、フランス ニナファーム社(以下ニナファーム)は、世界抗酸化学会会長を務めるマーヴィン・イディアス博士を中心に、科学者たちの想いを結集し、設立されました。

世界抗酸化学会が進めるSOD(スーパー オキシド ディスムターゼ)の基礎研究をもとに、ニナファームはその応用と原料処方、臨床試験を行ない、SOD活性技術からミトコンドリアに至るまで、革新的市場の開拓に貢献しています。

研究者たちによる最新の研究報告が活発に行なわれている世界抗酸化学会およびニナファームは、現在もSODの独自研究による新しい抗酸化物質の活性メカニズムの証明により、製薬・健康食品・化粧品産業の分野において、世界のリーディングカンパニーとして先端を走り、国際的な評価を受けています。

そして、その研究の原点にあるのが、植物です。
フランスでは、さまざまな種類のハーブを美容や健康に役立ててきた歴史があります。また、世界各地でも植物など自然界の生命力を用いた伝承医学や民間療法が伝えられています。

ニナファームは広く世界に目を向け、国際ネットワークを通して世界中に広がるパートナーと連携。
各地に伝わる文化や歴史を学び、その考えや素材を研究し、より高度な発想と先端技術で製品開発に役立てています。

抗酸化をはじめとするさまざまな分野の研究機関との連携や、世界中で開催される学会での最新情報をいち早く入手できるニナファームは、5つの柱に基づき他の追随を許さない独自のエイジングケア成分を開発しています。

■ニナファームの研究・開発を支える5つの柱。

  1. 研究・開発
    植物由来エイジングケア成分へのこだわり
  2. 抽出技術
    植物の活性成分をあますことなく取り出す技術
  3. コンプレックス
    植物×植物が新たなパワーを生む
  4. ナノテクノロジー
    活性成分を壊さず送り込む独自のリポソーム
  5. 成分運搬技術
    早く、深く、的確に届ける技術

2003年、ニナファームが日本へ。西洋人とは異なる日本人の肌や生活環境、スキンケア習慣をふまえ、皮膚を知り尽くした研究者とのコラボレーションにより日本人向けに製品開発を実践し、多くの愛用者の方の若々しさ、美しさを守り続けています。

大気汚染、紫外線、ストレス…。エイジングプロセスは、年齢による肌機能低下を除くと私たちの生活環境に密接に関連しています。

ニナファームは、何年にも渡る抗酸化研究を活かし、「その日のダメージは、その日のうちにケア」することで、肌の力をサポートし、年齢を感じさせない美しさへと導きます。

【クレンジング&泡洗顔】正しい洗顔の心得


スキンケアの基本は汚れを落とすことです。
ニナファームジャポンの正しい洗顔の心得で、一日を過ごした肌の汚れを丁寧に落としてあげましょう。

クレンジング

落ちにくいしっかりメイクもやさしくオフ

落ちにくいと感じるしっかりメイクは、クレンジングを使ってきちんと落とすことが大切です。

ポイントは、デリケートな大人の肌にも安心して使えるクレンジング選びです。まず、肌になめらかに伸びるテクスチャーにこだわりましょう。

年齢を重ねると徐々にハリ不足を感じ始めます。硬めのテクスチャーを伸ばそうとしても肌がひっぱられ余計な負担をかけることに。

一方、なめらかなテクスチャーは、シワやキメにも入り込みやすくスルスルと素早くメイクを落とすことができます。

さらに、肌の刺激にならない成分であることはもちろん、硬くゴワついた角質をやわらかくほぐす、柔軟効果のある成分配合のクレンジングであれば、より肌の美しさに磨きをかけます。

濃密泡立て

洗顔の質を決めるのはきめ細かい泡のもっちり感

洗顔の良し悪しを決める大きなポイントは「泡の質」です。

きめ細かくなめらかで、洗顔中もつぶれない弾力のあるボリューミィな泡がまさに理想的。泡の粒が小さければ小さいほど泡全体の密度が高まり、石けんに含まれる吸着成分や美容成分にもこだわることで汚れ落ちも格段にアップし、クオリティの高い洗顔が実現します。

そんな良質な濃密泡をつくるためには、
①石けん成分が取りやすくなるよう、泡立て前に石けんを湿らせ、
②石けんを泡立てネットによくこすりつけ、
③少量の水分を徐々に加えながらネットをよく揉み空気を含ませ、弾力性に富んだたっぷりの泡をつくること。

泡といってもつくり方によってその質に大きな差がつきます。

泡洗顔

間違った洗顔は肌を傷める

美しい肌づくりのために欠かせない洗顔。

でも、その方法を間違えてしまっては角層トラブルの原因になることもあります。たとえば、よく泡立てずに少ない泡でゴシゴシと洗ってしまうと、洗うたびに手が肌に直接触れるので、摩擦が起こり、肌に大きな負担がかかります。

たっぷりの濃密な泡をクッション代わりにして、肌の上で泡をやさしく転がしながら、その泡に汚れを吸着させるような意識で洗いましょう。

すすぎはぬるま湯で肌をこすらないようにやさしくを心がけ、顔の水分をふき取る時も、タオルをそっと肌に当てるのが鉄則です。

さらに肌のゴワつきや疲れを感じる時には、たっぷりの泡を用いた泡パック洗顔がおすすめです。

タグ: ,