肌がうるおいをキープするメカニズム

ニナファームのビューティコラム「肌がうるおいをキープするメカニズム」イメージ画像
うるおいに満ちた肌はトラブルがなく常に美しく整っています。では、どのような仕組みでうるおいは保たれているのでしょうか。

年齢を重ねるにつれ肌の水分保持力が徐々に衰えてくるのは仕方がないことです。でも、正しい保湿ケアを行うことでいつでもその力を取り戻すことは可能です。

まずは、ニナファームジャポンとともに、肌に本来備わる機能を正しく理解することから始めましょう。

水分保持力

水分蒸散を防ぐ【皮脂膜】

皮脂膜とは、皮脂と汗が混ざり合ったもので「天然のクリーム」ともいわれています。

その働きは、肌の表面を覆うことで肌内部の水分蒸散を防ぎ、みずみずしさをキープしたり、紫外線や空気中に含まれる刺激をブロックし、肌内部を守ったりします。

さらに、肌表面を常に弱酸性に保つことで、細菌やカビなどの繁殖を抑え、肌の健康をサポートする役割も担っています。

水分をつなぎとめる【脂肪間脂質】

角層の中では、肌細胞がレンガのように何層にも積み重なっていますが、このレンガの隙間を埋めるセメントのような働きをするのが細胞間脂質と呼ばれる保湿成分です。

肌細胞同士がぴったり密着することで異物の侵入をブロックするバリア機能を発揮します。また、角層内の水分をしっかりとつなぎとめる構造をしているので、非常に高い水分保持力も期待できます。

水分を抱え込む【天然保湿因子】

天然保湿因子(NMF)とは、肌細胞内の水分を抱え込み、保つ力を持った保湿成分です。

アミノ酸、尿酸、乳酸、ミネラルなど、水分となじみやすい複数の成分で構成され、その高い吸湿性によって一度抱え込んだ水分をしっかりとキャッチして離しません。

一方で、角層内の水分量が減少すると、肌細胞内の水分を角層へ供給し、角層全体をみずみずしくうるおす役目も担っています。

皮脂膜のお話

天然のクリームとも呼ばれる皮脂膜は、皮脂腺から分泌される「皮脂」と汗腺から出る「汗」によって構成されています。

しかし年齢とともに皮脂の分泌量が減少し、皮脂膜形成が弱まると、肌の水分保持力は低下します。正しい保湿ケアで皮脂膜形成をサポートして、うるおう肌で肌機能を高めましょう。

細胞間脂質と天然保湿因子のお話

細胞間脂質と天然保湿因子が豊富で、水分保持力が十分に発揮できる肌は常に美しく整っています。そのカギを握るのは「ターンオーバー」ということをご存知でしょうか。

そもそもターンオーバーとは、基底層で誕生した肌細胞が成長しながら角層に上昇し、垢となって自然に剥がれ落ちることを指します。

細胞間脂質と天然保湿因子はこの成長過程においてつくられるため、加齢によってターンオーバーが乱れ肌細胞の成長が滞ると、この2つの保湿成分は減少し、肌の乾燥が引き起こされます。

これはさらなるターンオーバーの乱れにもつながるので、徹底した保湿ケアで肌の乾燥を防ぐお手入れがとても大切となります。

タグ: ,

季節で変わる肌コンディション


気温・湿度など季節の変化に伴い肌コンディションも変化します。季節の肌状態を知り、寄り添うことは、年間を通した美しさを育む基本です。ニナファームジャポンと一緒に学んでいきましょう。

気温・湿度が上昇し始め、皮膚温も上がることで、肌内部から新陳代謝が活発になってきます。血行も促され、肌細胞に必要な栄養が行き渡ることで、肌本来の美しくなる力も活性され、冬の寒さで萎縮していた肌が美しく目覚めるときです。

ところが、肌内部の活動が前向きなのとは裏腹に、肌表面では、乾燥、肌荒れ、キメの乱れなど、トラブルを抱え込みやすくなります。その理由は、春肌には冬の乾燥ダメージがまだ残り、角層に備わるバリア機能が低下しているためです。

ホコリや花粉、紫外線など外からの刺激を受けやすくなり、肌が一時的に敏感になる場合があります。また、紫外線量が少ない冬を過ごした肌は、この時季とても無防備な状態になっています。

日中の気温上昇とともに皮脂分泌が活発になり、毛穴の詰まりや開き、ニキビ・吹き出物など、皮脂によるトラブルが多くなります。また、紫外線も強く、量も多くなるため、紫外線ダメージを受けやすくなります。

夏の紫外線ダメージを蓄積することは、色素沈着はもちろん、シワ、たるみなど光老化の原因となりエイジングのスピードを加速させることにつながるので注意が必要です。

さらに、汗や皮脂で一見うるおっているように感じる肌も、汗とともに肌本来のうるおいが流出したり、エアコンや紫外線による乾燥で肌内部から乾くインナードライを引き起こしやすくなっています。うるおい不足は肌の基礎体力の低下を招き、夏枯れに拍車をかけてしまいます。

気温・湿度ともに低下し始め、過ごしやすい日々が続く秋。ほっとするのもつかの間、身体に夏の疲れが現れるように肌にも夏のダメージが現れやすいときです。

エアコンや室内外の気温差などで乾燥やストレスを感じていた肌は、思いのほかバリア機能が低下しています。また、気温低下とともに皮膚温も下がり、ターンオーバーも滞りがちに。それに伴い肌がゴワついたり、くすんだり、シミが濃く見えたりと、肌の不調を感じやすくなります。

とくにメラニンを含んだ古い角質を肌の上に積み重ねたままにしておくと、顔の印象を暗くしてしまうだけではなく、うるおいや美容成分が入りにくく、ますますターンオーバーが乱れてしまいます。

年間で気温が一番低く、寒さがピークを迎えるこの季節は、肌そのものの働きが鈍くなる傾向にあります。

人は寒さを感じると内蔵を守るために身体の中心に熱を集め、体温を奪われないように肌表面や手足など末端の血流を下げます。特に顔は外気に直接晒されるため、冷えやすい部分でもあります。

毛細血管が収縮し、肌の血行が悪くなると、肌細胞に十分な酸素や栄養素を送り届けることができず、ターンオーバーが乱れる原因に。肌荒れ、くすみ、ハリ不足などさまざまなトラブルを起こしてしまいます。

そして、冬は湿度の低下や暖房により、肌の乾燥が最も進むときです。肌の水分は蒸発しやすく、水分が逃げることで肌本来のバリア機能も低下してしまいます。

タグ: , ,

肌の自救力を高める「皮膚マイクロバイオータ」

肌の自救力を高める「皮膚マイクロバイオータ」イメージ画像
私たちの肌には、膨大な数の微生物が生息しています。その働きは、顔だけではなく、体や頭皮など全身を覆う肌の健康と美しさに大きく影響しています。

ここでは、生涯に渡って肌のすこやかさ、美しさを守ってくれる微生物「皮膚マイクロバイオータ」についてニナファームジャポンがご紹介します。

Chapter1 私たちは生まれたときから微生物と共生関係にあります。

私たちは無菌状態の胎内から出た瞬間、母親からさまざまな種類の微生物を受け継ぎます。腸をはじめ、肌、口、鼻など、あらゆる部位に分布・定着し、生涯に渡って私たちの健康と美容を守る存在となります。

肌に生息する微生物「皮膚マイクロバイオータ」もそのひとつ。全身をくまなく覆うことで、肌に有益な作用をもたらし、すこやかさや美しさを保つとても重要な役割を担います。

Chapter2 肌状態に大きく影響する「皮膚マイクロバイオータ」は主に3つのカテゴリーに分類されます。

顔、体、頭皮など全身を覆う肌には、細菌や真菌(カビ)など多種多様な皮膚マイクロバイオータが数多く生息しています。なかでも肌状態に大きく影響を与える微生物を一般に「皮膚常在菌」といい、その特性から3つのカテゴリーに分類されます。

肌に良い働きをする「善玉菌」、肌に悪影響を及ぼす「悪玉菌」、肌環境によって善玉菌にも悪玉菌にも姿を変える「日和見(ひよりみ)菌」の3種です。

Chapter3 強く美しい肌に欠かせない「皮脂膜」は、善玉菌の働きでつくられています。

弱酸性の皮脂膜で覆われたすこやかな肌は、善玉菌が生息・増殖しにくく、ウイルスなどの病原菌の侵入も防ぐことができます。また、皮脂膜が持つ保湿作用は、肌の乾燥を防ぐとともに、肌に柔軟性や弾力性も与えています。このように「天然のクリーム」ともいわれる皮脂膜は、肌のすこやかさ、美しさを維持するうえでとても重要な役割を担っているのです。

そして、この皮脂膜形成には皮膚マイクロバイオータの善玉菌と日和見菌が大きく関わっています。
善玉菌の表皮ブドウ球菌と日和見菌のアクネ桿菌は、皮脂膜の原料になるグリセリンや脂肪酸などを生み出す皮膚マイクロバイオータ。この2つの菌がそれぞれの役割をしっかり果たすことで、肌はより強く美しくなるのです。

Chapter4 強く美しい肌づくりの鍵は、「菌バランス」が重要です。

皮膚常在菌の善玉菌、日和見菌、悪玉菌に属する皮膚マイクロバイオータが一定のバランスを保つことで私たちの肌は強く美しくなります。この菌バランスが崩れ、悪玉菌が優勢な状態になったときに肌トラブルは起こります。

そうならないためにも、「美肌づくりの菌」ともいわれる善玉菌が常に優勢な状態を維持することが大切になります。善玉菌が優勢になると、日和見菌のアクネ桿菌も善玉菌と同じような働きをするようになるため、美肌には好都合。また善玉菌は、悪玉菌と戦うことで鍛えられ、さらにアクティブになります。

このように、皮膚マイクロバイオータは相互に影響を受けたり、与えたりしながら常にバランスを保っているため、どれかが少なすぎても増えすぎても肌状態に反映されるのです。

Chapter5 菌バランスを整え、肌の自救力を高めましょう。

では、皮膚マイクロバイオータの菌バランスが崩れるとどうなるのでしょう。黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などの悪玉菌が優勢になり、炎症による肌荒れなどを起こし、うるおいを保持する力も生み出す力も削がれてしまいます。

肌が乾燥すると、シワやたるみ、くすみなどあらゆる肌トラブルの引き金となってしまいます。これは顔だけではなく、全身の肌にいえることです。

頭皮では、フケが出やすくなったり、抜け毛を起こすなどのトラブルが発生。また、乾燥しバリア機能が低下した肌は、外部からの刺激を受けやすく、悪玉菌の増殖を防ぎきれなくなるため、肌を敏感にしてしまいます。日和見菌のアクネ桿菌も悪玉菌に味方し始め、ニキビなどトラブル悪化の原因菌となってしまいます。

トラブルを未然に防ぐためにも、日頃から皮膚マイクロバイオータの菌バランスを正常に保つスキンケアや生活習慣などを心がけましょう。自らが持つ皮膚マイクロバイオータで肌を救う力「自救力」を高めることは、今日よりも明日、未来へつながる強く美しい肌を育みます。

タグ: ,

あなたの保湿ケア間違っていませんか?


毎日の肌のお手入れで間違ったつけ方を思い込みで続けていたり、いつの間にか自己流になってしまっていたりする人も少なくないようです。それではせっかくのお手入れも効果は半減してしまいます。あなたの保湿ケアは本当に大丈夫ですか?
ニナファームジャポンと一緒に確認していきましょう。

保湿ケアの間違った常識

間違った常識1 「気になる肌のかさつきには補水をたっぷりとすれば安心」

補水はもちろん大切ですが、それだけでは十分ではありません。化粧水でうるおいをたっぷり与えても、そのままにしておくと水分はやがて蒸発してしまいます。そのとき肌内部に蓄えられていた水分も一緒に持っていってしまうため、実は補水をする前以上に乾燥が進んでしまうのです。たっぷり補水をしたら、その水分が逃げないようにフタをして閉じ込める保湿ケアが大切です。

間違った常識2 「オイリー肌だから保湿は省略」

「私はオイリー肌だから」「ベタつく感覚が嫌い」と保湿ケアを省いている方も少なくないようですが、これでは逆効果です。大人の肌の過剰な皮脂分泌は、肌内部の水分不足により起こることも。保湿を省いて肌の水分量が減少すると皮脂分泌が増えて余計にベタつく原因に。肌のうるおいバランスが整えば、ベタつきも徐々に落ち着くので、保湿ケアは省略しないのが正解です。

間違った常識3 「補水も保湿も、とにかくたっぷり重ねれば大丈夫」

たっぷり重ねることは大切ですが、そのつけ方も同じくらい大切です。例えば化粧水でたっぷり補水して、そのうるおいが肌表面に残ったままの状態で保湿ケアをすると、ベタつく原因になってしまいます。化粧水を肌につけたらハンドプレスでやさしくムラなく、しっかり肌に浸透させること。美容液も同じです。浸透したことを確認してから保湿のステップに進みましょう。

間違った常識4 「しっかり保湿は乾燥する秋冬だけ」

確かに乾燥する季節になると保湿の重要性を実感しますが、大人の肌は一年中乾燥の危険にさらされていることをお忘れなく。例えば、季節の変わり目、気温の変化、夏場のエアコンなども乾燥の原因になります。保湿ケアは一年中、乾燥する秋冬はさらに目もと・口もとなどの気になる部分に重ねづけをするなど、保湿ケアを強化するのがおすすめです。

タグ: , ,

リンパ流しで美肌実感!


リンパは、体内の老廃物や余分な水分などを回収し、外へ排出する重要な役目を担っています。顔周りのリンパを流すことで不要なものが一掃でき、よりクリアな美肌へ。ここでは手軽にできるニナファーム流リンパ流しを伝授します。毎日のスキンケアステップの仕上げとして取り入れてみませんか。

▼リンパ流しをする前の準備

スキンケアで肌を整えたあとに、もう一度ジェルやクリームをたっぷり手に取り、顔全体に伸ばしてからリンパ流しをスタート。美容成分を肌に送り込みながら、リンパの流れを良くすることで美しくなろうとする力をサポートします。

▼リンパ流し中の注意

リンパ流しの最中にジェルやクリームが肌になじんでしまったら、もう一度つけ足して肌を直接こすらないようにしましょう。

【ここからスタート】プレ リンパ流し

~リンパが流れやすい環境を整える~

はじめに、顔全体のリンパが流れやすい環境を整えます。耳の後ろから首筋を通り、鎖骨に向かって流し最後に軽くプッシュ。特に左側の鎖骨リンパ筋はリンパ液が最後に流れ込み心臓へ戻る場所なので、この工程をきちんと行ないリンパ節の詰まりをスムースにしておくことで、後のリンパ流しの効果が高まります。

①アゴ下から耳へ老廃物を流していく

親指をアゴ下で支え、人差し指をカギ状に折り曲げます。アゴを指でつまむように上から下へ。流した老廃物は耳の後ろまでもっていきましょう。

②小鼻から耳の横へと滑らせる

中指の腹を使い、小鼻の横をプッシュ。そのまま頬骨のラインに沿って指を滑らせ、耳の横のくぼみへ流し込みさらにプッシュ。

③目のコリをほぐし、老廃物を流す

中指の腹を目の周りの3か所のツボに軽く押し当てます。各3秒間押し、目のコリをほぐします。
目の周りに円を描くように滑らせ、耳横へ流しましょう。

④額とこめかみのツボを刺激

人差し指、中指、薬指の3本の指の腹で眉頭と額の中心にあるツボを押します。こめかみに向かってプッシュしながら流します。

⑤顔全体の老廃物を流しきる

人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を使って、額から耳横、耳後ろ、首筋を通ります。最後に、顔全体の老廃物を鎖骨リンパ節へ流します。

タグ: