肌の自救力を高める「皮膚マイクロバイオータ」

肌の自救力を高める「皮膚マイクロバイオータ」イメージ画像
私たちの肌には、膨大な数の微生物が生息しています。その働きは、顔だけではなく、体や頭皮など全身を覆う肌の健康と美しさに大きく影響しています。

ここでは、生涯に渡って肌のすこやかさ、美しさを守ってくれる微生物「皮膚マイクロバイオータ」についてニナファームジャポンがご紹介します。

Chapter1 私たちは生まれたときから微生物と共生関係にあります。

私たちは無菌状態の胎内から出た瞬間、母親からさまざまな種類の微生物を受け継ぎます。腸をはじめ、肌、口、鼻など、あらゆる部位に分布・定着し、生涯に渡って私たちの健康と美容を守る存在となります。

肌に生息する微生物「皮膚マイクロバイオータ」もそのひとつ。全身をくまなく覆うことで、肌に有益な作用をもたらし、すこやかさや美しさを保つとても重要な役割を担います。

Chapter2 肌状態に大きく影響する「皮膚マイクロバイオータ」は主に3つのカテゴリーに分類されます。

顔、体、頭皮など全身を覆う肌には、細菌や真菌(カビ)など多種多様な皮膚マイクロバイオータが数多く生息しています。なかでも肌状態に大きく影響を与える微生物を一般に「皮膚常在菌」といい、その特性から3つのカテゴリーに分類されます。

肌に良い働きをする「善玉菌」、肌に悪影響を及ぼす「悪玉菌」、肌環境によって善玉菌にも悪玉菌にも姿を変える「日和見(ひよりみ)菌」の3種です。

Chapter3 強く美しい肌に欠かせない「皮脂膜」は、善玉菌の働きでつくられています。

弱酸性の皮脂膜で覆われたすこやかな肌は、善玉菌が生息・増殖しにくく、ウイルスなどの病原菌の侵入も防ぐことができます。また、皮脂膜が持つ保湿作用は、肌の乾燥を防ぐとともに、肌に柔軟性や弾力性も与えています。このように「天然のクリーム」ともいわれる皮脂膜は、肌のすこやかさ、美しさを維持するうえでとても重要な役割を担っているのです。

そして、この皮脂膜形成には皮膚マイクロバイオータの善玉菌と日和見菌が大きく関わっています。
善玉菌の表皮ブドウ球菌と日和見菌のアクネ桿菌は、皮脂膜の原料になるグリセリンや脂肪酸などを生み出す皮膚マイクロバイオータ。この2つの菌がそれぞれの役割をしっかり果たすことで、肌はより強く美しくなるのです。

Chapter4 強く美しい肌づくりの鍵は、「菌バランス」が重要です。

皮膚常在菌の善玉菌、日和見菌、悪玉菌に属する皮膚マイクロバイオータが一定のバランスを保つことで私たちの肌は強く美しくなります。この菌バランスが崩れ、悪玉菌が優勢な状態になったときに肌トラブルは起こります。

そうならないためにも、「美肌づくりの菌」ともいわれる善玉菌が常に優勢な状態を維持することが大切になります。善玉菌が優勢になると、日和見菌のアクネ桿菌も善玉菌と同じような働きをするようになるため、美肌には好都合。また善玉菌は、悪玉菌と戦うことで鍛えられ、さらにアクティブになります。

このように、皮膚マイクロバイオータは相互に影響を受けたり、与えたりしながら常にバランスを保っているため、どれかが少なすぎても増えすぎても肌状態に反映されるのです。

Chapter5 菌バランスを整え、肌の自救力を高めましょう。

では、皮膚マイクロバイオータの菌バランスが崩れるとどうなるのでしょう。黄色ブドウ球菌やマラセチア菌などの悪玉菌が優勢になり、炎症による肌荒れなどを起こし、うるおいを保持する力も生み出す力も削がれてしまいます。

肌が乾燥すると、シワやたるみ、くすみなどあらゆる肌トラブルの引き金となってしまいます。これは顔だけではなく、全身の肌にいえることです。

頭皮では、フケが出やすくなったり、抜け毛を起こすなどのトラブルが発生。また、乾燥しバリア機能が低下した肌は、外部からの刺激を受けやすく、悪玉菌の増殖を防ぎきれなくなるため、肌を敏感にしてしまいます。日和見菌のアクネ桿菌も悪玉菌に味方し始め、ニキビなどトラブル悪化の原因菌となってしまいます。

トラブルを未然に防ぐためにも、日頃から皮膚マイクロバイオータの菌バランスを正常に保つスキンケアや生活習慣などを心がけましょう。自らが持つ皮膚マイクロバイオータで肌を救う力「自救力」を高めることは、今日よりも明日、未来へつながる強く美しい肌を育みます。

タグ: ,

あなたの保湿ケア間違っていませんか?


毎日の肌のお手入れで間違ったつけ方を思い込みで続けていたり、いつの間にか自己流になってしまっていたりする人も少なくないようです。それではせっかくのお手入れも効果は半減してしまいます。あなたの保湿ケアは本当に大丈夫ですか?
ニナファームジャポンと一緒に確認していきましょう。

保湿ケアの間違った常識

間違った常識1 「気になる肌のかさつきには補水をたっぷりとすれば安心」

補水はもちろん大切ですが、それだけでは十分ではありません。化粧水でうるおいをたっぷり与えても、そのままにしておくと水分はやがて蒸発してしまいます。そのとき肌内部に蓄えられていた水分も一緒に持っていってしまうため、実は補水をする前以上に乾燥が進んでしまうのです。たっぷり補水をしたら、その水分が逃げないようにフタをして閉じ込める保湿ケアが大切です。

間違った常識2 「オイリー肌だから保湿は省略」

「私はオイリー肌だから」「ベタつく感覚が嫌い」と保湿ケアを省いている方も少なくないようですが、これでは逆効果です。大人の肌の過剰な皮脂分泌は、肌内部の水分不足により起こることも。保湿を省いて肌の水分量が減少すると皮脂分泌が増えて余計にベタつく原因に。肌のうるおいバランスが整えば、ベタつきも徐々に落ち着くので、保湿ケアは省略しないのが正解です。

間違った常識3 「補水も保湿も、とにかくたっぷり重ねれば大丈夫」

たっぷり重ねることは大切ですが、そのつけ方も同じくらい大切です。例えば化粧水でたっぷり補水して、そのうるおいが肌表面に残ったままの状態で保湿ケアをすると、ベタつく原因になってしまいます。化粧水を肌につけたらハンドプレスでやさしくムラなく、しっかり肌に浸透させること。美容液も同じです。浸透したことを確認してから保湿のステップに進みましょう。

間違った常識4 「しっかり保湿は乾燥する秋冬だけ」

確かに乾燥する季節になると保湿の重要性を実感しますが、大人の肌は一年中乾燥の危険にさらされていることをお忘れなく。例えば、季節の変わり目、気温の変化、夏場のエアコンなども乾燥の原因になります。保湿ケアは一年中、乾燥する秋冬はさらに目もと・口もとなどの気になる部分に重ねづけをするなど、保湿ケアを強化するのがおすすめです。

タグ: , ,

リンパ流しで美肌実感!


リンパは、体内の老廃物や余分な水分などを回収し、外へ排出する重要な役目を担っています。顔周りのリンパを流すことで不要なものが一掃でき、よりクリアな美肌へ。ここでは手軽にできるニナファーム流リンパ流しを伝授します。毎日のスキンケアステップの仕上げとして取り入れてみませんか。

▼リンパ流しをする前の準備

スキンケアで肌を整えたあとに、もう一度ジェルやクリームをたっぷり手に取り、顔全体に伸ばしてからリンパ流しをスタート。美容成分を肌に送り込みながら、リンパの流れを良くすることで美しくなろうとする力をサポートします。

▼リンパ流し中の注意

リンパ流しの最中にジェルやクリームが肌になじんでしまったら、もう一度つけ足して肌を直接こすらないようにしましょう。

【ここからスタート】プレ リンパ流し

~リンパが流れやすい環境を整える~

はじめに、顔全体のリンパが流れやすい環境を整えます。耳の後ろから首筋を通り、鎖骨に向かって流し最後に軽くプッシュ。特に左側の鎖骨リンパ筋はリンパ液が最後に流れ込み心臓へ戻る場所なので、この工程をきちんと行ないリンパ節の詰まりをスムースにしておくことで、後のリンパ流しの効果が高まります。

①アゴ下から耳へ老廃物を流していく

親指をアゴ下で支え、人差し指をカギ状に折り曲げます。アゴを指でつまむように上から下へ。流した老廃物は耳の後ろまでもっていきましょう。

②小鼻から耳の横へと滑らせる

中指の腹を使い、小鼻の横をプッシュ。そのまま頬骨のラインに沿って指を滑らせ、耳の横のくぼみへ流し込みさらにプッシュ。

③目のコリをほぐし、老廃物を流す

中指の腹を目の周りの3か所のツボに軽く押し当てます。各3秒間押し、目のコリをほぐします。
目の周りに円を描くように滑らせ、耳横へ流しましょう。

④額とこめかみのツボを刺激

人差し指、中指、薬指の3本の指の腹で眉頭と額の中心にあるツボを押します。こめかみに向かってプッシュしながら流します。

⑤顔全体の老廃物を流しきる

人差し指、中指、薬指の3本の指の腹を使って、額から耳横、耳後ろ、首筋を通ります。最後に、顔全体の老廃物を鎖骨リンパ節へ流します。

タグ:

スキンケア効果を引き上げる! 「ハンドテクニック」のポイント


スキンケア効果を引き上げるハンドテクニックのポイントをニナファームジャポンと一緒に学びましょう。

1. 肌への刺激が少ない!

年齢を重ねた大人の肌は、角層の乱れから外部刺激に対してとても敏感です。コットンでこすったり、パタパタと叩き込むと、細かな線維が肌に残ったり、さらに肌に炎症が起こりトラブルの原因に。ハンドプレスでやさしくなじませてあげるのがベストです。

2. 浸透力が高まる!

手のひらでスキンケアアイテムを温めながら使うと、肌へのなじみがさらに良くなります。手が冷たいときは、手を温めてからお手入れを。簡単なハンドマッサージをしてから行なうと、手の血行がスムースになって温かくなり、お手入れの効果も高まります。

3. ムラのないケアができる!

手は思っている以上に肌にピタッとフィットします。そのため、目もとや小鼻周りなど細かな部位のつけ忘れを防ぐことができます。また、手と肌の密着感によって肌のうるおい満タンサインもよくわかります。手がすっと張りつき、しっとりした触り心地が目安です。

4. 肌状態がよくわかる!

手で肌に直接触れることで、肌のうるおい状態がよくわかります。季節の変化やその日の体調、年齢、生活環境などさまざまな要因によって、肌のうるおい方も変わるもの。毎日手で触ることで、その時々に合ったうるおいケアができます。

5. 保湿力がグンとアップ!

パタパタと叩き込むつけ方は、肌に余計な刺激を与えてしまうだけでなく、うるおいを角層深く届けることもできません。手のひらや指の腹などでじっくりハンドプレスをした方が、やさしく、じっくりうるおいが浸透し、肌の吸収も良くなります。

6. 肌活力が上がる!

ハンドプレスはスキンケアアイテムの浸透を促すとともに、肌の巡りをスムースにします。皮膚温も上がり、肌の活力を高めることにつながります。肌の力を引き出すハンドプレスで、うるおい続ける肌を目指しましょう。

タグ: , ,

美容効果を高めるスペシャルケアとUVケアのポイント


ニナファームジャポンの「クリーム エクスプレシオン プルミエール」や「クリーム レボリューション B-1789」を使ってスペシャルケアのポイントを、「UVリキッド ミュー ヴィサージュ」や「UVリキッド ミュー コール」を使ってUVケアのポイントを確認しましょう。

スペシャルケアのポイント

Point1 化粧水と美容液がきちんとなじんだ後にクリームを

まずは、化粧水や美容液がしっかりと肌になじんでいることを確認してからクリームをつけましょう。他のアイテムよりも高い保湿力を持っているクリームは、化粧水や美容液が肌になじんでいないままつけるとベタつく原因になります。クリームの美容効果をしっかり得るには、化粧水や美容液がきちんと浸透していることが大切です。

Point2 少しの工夫で翌朝ふっくらツヤ肌へ

クリームは、額・鼻・両頬・アゴの5か所に置き、指先で軽く延ばしてからハンドプレスで顔全体になじませます。悩みが気になる部分には重ねづけを。また、夜は肌の修復が活発に行なわれる時間帯です。肌が乾燥しているとその機能が発揮されにくいので、朝よりもたっぷりのクリームで丁寧な保湿ケアがポイントです。

Point3 上向きなハリ肌へ。引き上げながら数秒間キープ

若々しい印象の上向きなハリ肌を目指す方におすすめ。手のひらで頬を包み込み、こめかみに向かってやさしく引き上げ数秒間キープ。たるんだ肌に元の位置を覚えさせるような気持ちで行ないましょう。

UVケアのポイント

Point1 ムラなくなじませ紫外線をしっかりカット

手のひらに日焼け止めを適量取り、力の入りにくい中指と薬指で顔全体に丁寧になじませます。首の前後、耳の後ろ、デコルテなど細かい部分も忘れずにつけましょう。

Point2 丁寧になじませメイクのヨレを防ぐ

指の腹を使って、ポンポンポンと顔の内側から外側に移動させながらつけていきます。メイクがヨレやすい目もと・口もと・小鼻周りはもう一度指先で押さえましょう。

Point3 紫外線を浴びやすい顔の高い部分は重ねづけ

頬やTゾーンなど、顔の中でも高い部分は紫外線が当たりやすく日焼けしやすい部位です。必ず重ねづけをしましょう。

Point4 ハンドプレスで肌にしっかりとなじませる

顔全体に一通りつけたら、ハンドプレスするように両手のひらでやさしく押さえ、肌にしっかりとなじませます。

タグ: ,