スキンケア効果を引き上げる! 「ハンドテクニック」のポイント


スキンケア効果を引き上げるハンドテクニックのポイントをニナファームジャポンと一緒に学びましょう。

1. 肌への刺激が少ない!

年齢を重ねた大人の肌は、角層の乱れから外部刺激に対してとても敏感です。コットンでこすったり、パタパタと叩き込むと、細かな線維が肌に残ったり、さらに肌に炎症が起こりトラブルの原因に。ハンドプレスでやさしくなじませてあげるのがベストです。

2. 浸透力が高まる!

手のひらでスキンケアアイテムを温めながら使うと、肌へのなじみがさらに良くなります。手が冷たいときは、手を温めてからお手入れを。簡単なハンドマッサージをしてから行なうと、手の血行がスムースになって温かくなり、お手入れの効果も高まります。

3. ムラのないケアができる!

手は思っている以上に肌にピタッとフィットします。そのため、目もとや小鼻周りなど細かな部位のつけ忘れを防ぐことができます。また、手と肌の密着感によって肌のうるおい満タンサインもよくわかります。手がすっと張りつき、しっとりした触り心地が目安です。

4. 肌状態がよくわかる!

手で肌に直接触れることで、肌のうるおい状態がよくわかります。季節の変化やその日の体調、年齢、生活環境などさまざまな要因によって、肌のうるおい方も変わるもの。毎日手で触ることで、その時々に合ったうるおいケアができます。

5. 保湿力がグンとアップ!

パタパタと叩き込むつけ方は、肌に余計な刺激を与えてしまうだけでなく、うるおいを角層深く届けることもできません。手のひらや指の腹などでじっくりハンドプレスをした方が、やさしく、じっくりうるおいが浸透し、肌の吸収も良くなります。

6. 肌活力が上がる!

ハンドプレスはスキンケアアイテムの浸透を促すとともに、肌の巡りをスムースにします。皮膚温も上がり、肌の活力を高めることにつながります。肌の力を引き出すハンドプレスで、うるおい続ける肌を目指しましょう。

このコラムのカテゴリー・タグ