美容効果を高めるスペシャルケアとUVケアのポイント


ニナファームジャポンの「クリーム エクスプレシオン プルミエール」や「クリーム レボリューション B-1789」を使ってスペシャルケアのポイントを、「UVリキッド ミュー ヴィサージュ」や「UVリキッド ミュー コール」を使ってUVケアのポイントを確認しましょう。

スペシャルケアのポイント

Point1 化粧水と美容液がきちんとなじんだ後にクリームを

まずは、化粧水や美容液がしっかりと肌になじんでいることを確認してからクリームをつけましょう。他のアイテムよりも高い保湿力を持っているクリームは、化粧水や美容液が肌になじんでいないままつけるとベタつく原因になります。クリームの美容効果をしっかり得るには、化粧水や美容液がきちんと浸透していることが大切です。

Point2 少しの工夫で翌朝ふっくらツヤ肌へ

クリームは、額・鼻・両頬・アゴの5か所に置き、指先で軽く延ばしてからハンドプレスで顔全体になじませます。悩みが気になる部分には重ねづけを。また、夜は肌の修復が活発に行なわれる時間帯です。肌が乾燥しているとその機能が発揮されにくいので、朝よりもたっぷりのクリームで丁寧な保湿ケアがポイントです。

Point3 上向きなハリ肌へ。引き上げながら数秒間キープ

若々しい印象の上向きなハリ肌を目指す方におすすめ。手のひらで頬を包み込み、こめかみに向かってやさしく引き上げ数秒間キープ。たるんだ肌に元の位置を覚えさせるような気持ちで行ないましょう。

UVケアのポイント

Point1 ムラなくなじませ紫外線をしっかりカット

手のひらに日焼け止めを適量取り、力の入りにくい中指と薬指で顔全体に丁寧になじませます。首の前後、耳の後ろ、デコルテなど細かい部分も忘れずにつけましょう。

Point2 丁寧になじませメイクのヨレを防ぐ

指の腹を使って、ポンポンポンと顔の内側から外側に移動させながらつけていきます。メイクがヨレやすい目もと・口もと・小鼻周りはもう一度指先で押さえましょう。

Point3 紫外線を浴びやすい顔の高い部分は重ねづけ

頬やTゾーンなど、顔の中でも高い部分は紫外線が当たりやすく日焼けしやすい部位です。必ず重ねづけをしましょう。

Point4 ハンドプレスで肌にしっかりとなじませる

顔全体に一通りつけたら、ハンドプレスするように両手のひらでやさしく押さえ、肌にしっかりとなじませます。

このコラムのカテゴリー・タグ