角層透明度を脅かす夏の大敵、紫外線

過酷な環境の夏は肌トラブルを起こしやすい季節。なかでも量・強さともにピークを迎える紫外線は、身体にも肌にも百害あって一利なし。肌老化に限れば、加齢によるものは2割で、紫外線をはじめとした太陽光によるダメージの蓄積で起こる「光老化」が8割といわれています。

そのダメージは肌の美しさを決定づける角層にも影響を与え、角層透明度が低下することで肌は著しく透明感を損ないます。紫外線による「光老化」が進むと、角層ダメージも深刻になり透明感はますます失われることに…。角層透明度を下げないためにも一層の注意が必要です。

紫外線によるさまざまなダメージが絡み合い肌は曇ってしまいます。ニナファームジャポンと一緒に紫外線について学んで対策していきましょう。

UV-A:5月~8月頃がピーク

気づかないうちに深刻なダメージを与え角層透明度を脅かします

UV-Aとは

地表に降り注ぐ紫外線の約9割を占めます。波長が長く天気を問わず降り注ぎ、窓ガラスも透過するため「生活紫外線」ともいわれています。じわじわとダメージを与え、その影響は肌に蓄積します。

主な肌ダメージ

メラニン生成によるシミ・そばかす、黄ぐすみ、深いシワ、たるみ など

UV-Aを浴びると

●基底層にあるメラノサイトを刺激することでメラニン生成が活性化し、シミ・そばかすがつくられやすくなります。

●すでにできたメラニンを酸化させ、より黒くします。

●UV-Aがメラニンに接触すると熱に変換され、体内の温度が上昇。糖質とタンパク質が結びつく糖化反応が促進され、AGEsが多く発生。黄ぐすみの原因となります。

●肌の奥深く真皮まで届き、ハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、さらにそれらをつくり出す線維芽細胞を傷つけてしまいます。シワを深くし、たるみを招き、肌に影を落とす要因となります。

UV-B:4月から徐々に増え8月頃がピーク

肌に急激なダメージを与え角層透明度を脅かします

UV-Bとは

UV-Aよりも波長が短く、主に表皮にダメージを与えます。エネルギーが非常に強く、山や海など紫外線が強い屋外で起こる肌トラブルの原因となるため「レジャー紫外線」ともいわれています。

主な肌ダメージ

炎症、メラニン生成によるシミ・そばかす、乾燥、小ジワ など

UV-Bを浴びると

●短時間浴びただけでも肌に炎症を起こします。赤くひりついたり、ひどい場合には、水ぶくれなどを起こします。

●基底層にあるメラノサイトを刺激することでメラニン生成が活性化します。過剰に生成されたメラニンは加齢などによるターンオーバーの低下で角層に留まり、シミ・そばかすがつくられやすくなります。

●炎症により角質肥厚を起こした肌は、バリア機能が低下して肌の水分保持力が弱まり、水分が蒸散。乾燥による小ジワがつくられやすくなります。また、光が透過する前に散乱し、反射する力も弱くなるため、肌の透明感が低下します。

●メラニンを含む古い角質が肌表面に溜まり、肌がくすんで見えます。

●UV-Bを浴びすぎると細胞やDNAにダメージを与えて皮膚がんを引き起こすこともあります。