ゆらぎやすい春肌へ 無敵のうるおいバリア

春先は、もっとも角層が乱れやすくトラブルを起こしやすい季節。冬から春へ、大きく変わる環境の変化は体や肌に影響を与え、肌タイプを問わず、ちょっとした不調を感じやすいものです。

そんな、ゆらぎやすい春肌のスキンケアキーワードは「うるおい」。たっぷりのうるおいを肌に貯め込んで、ゆらぎにSTOP!

あなたのゆらぎ肌度チェック!

カルテ1
口 Tゾーンはテカっているのに頬や口のまわりがカサカサ
口 肌が毛羽立ってファンデーションののりが悪い
口 キメが乱れ、毛穴が目立つ
口 肌がゴワつき、目元のシワが気になる。
口 吹き出物ができやすく、肌荒れしやすい

カルテ2
口 肌にツヤがない
口 肌にふっくら感がない
口 疲れた表情に見える
口 なんとなく顔色が冴えない

 

ゆらぎ肌の原因と対策

なぜ、春先の肌はゆらぐ?

寒い冬が終わり、春は気温の上昇にともない皮膚温度も上がり、血行が促され肌機能が活性化するときです。汗や皮脂の分泌も盛んになり、肌内部から次第に新陳代謝が活発化し、美しい肌への目覚めの季節です。

では、どうして春先に肌はゆらぎやすいのでしょう。それは、肌がまだ冬の乾燥ダメージをひきずり、代謝機能の鈍りから角層のバリア機能が低下しているからです。さらに肌環境の大きな変化で肌にストレスが溜まったり、エアコンや紫外線などによる乾燥も、バリア機能低下に拍車をかけ、肌のゆらぎを誘います。

肌本来のバリア機能は美の防衛ライン

天然保湿因子(NMF)やセラミドが主となる肌のバリア機能は、角層の働きのひとつです。

外部からの刺激や異物の侵入を防ぎ、体内から水分などの蒸散を防ぎます。角層が水分で満たされ、角化形成が順調に行われている肌は、角層がきれいに整列した状態で重なりあい、バリア機能は正常に保たれています。見た目に美しい肌です。

ところが、乾燥が進んだ肌では、代謝が悪く角層の重なりが不均一になり角層の整列が乱れ隙間ができた状態に。バリア機能は低下し、水分が蒸散しやすく、外部からの刺激も受けやすくなってしまいます。

つまり、バリア機能はすこやかな美肌を維持するために欠かせないビューティバリアなのです。

ゆらぎにSTOP!まず、バリア機能強化から

バリア機能が低下した春先の肌は、いってみれば、肌を守るすべが無い抵抗力が弱い状態。

強くなる紫外線の影響を受けやすく、シワやたるみなどさまざまなトラブルを引き起こしがち。代謝も鈍く、古い角質が剥がれない角質肥厚による透明感のなさやくすみも気になります。

また、花粉やホコリなど外部の刺激にも敏感に反応し、肌内部で炎症を起こしてしまうことも。バリア機能が低下→水分蒸散→乾燥が進み、さらにバリア機能が低下…という負のスパイラルに陥ってしまうことにもなりかねません。肌トラブルを招き老化を加速してしまいます。

そこで、肌のゆらぎを防ぐためには、早い段階でのバリア機能強化が大切になります。ポイントは、たっぷりの水分補給。肌のうるおいバランスをベストな状態に導き、角層をすこやかに保ちます。正常なバリア機能も維持し、ゆらぎに負けない「強い肌」をつくりましょう。

春、バリア機能が低下する要因

・冬の乾燥ダメージの影響
・エアコンによる乾燥
・紫外線による炎症
・肌環境の変化によるストレス