もっと明るく、もっと柔らかく、角質ケアのすすめ

気になりませんか、あなたの肌

・顔全体がくすんできた
・小ジワが気になる
・キメが乱れゴワつく
・肌に硬さを感じる
・肌がザラつく
・吹き出物が出やすい
・毛穴が開いてきた
・ファンデーションののりが悪い

答えは、「角質ケア」にあります。

見た目に美しい、美肌の要は角層です。

角層とは?

角層は皮膚の一番上にある、角質細胞が積み重なってできた薄い層です。内部の水分蒸散を防いだり、外部の刺激から肌を守るバリア機能の役割があります。

すこやかな角層は基底層で生まれた細胞が約28日間のターンオーバー(角化)=肌本来の生まれ変わりにより、どんどん上へ押し上げられ角質細胞となり角層が育まれています。

最終的には、垢となって剥がれ落ち、絶えず定期的に入れ替わることで、美しい肌を維持しています。また、角層は天然の保湿成分を含んでいます。

さまざまなトラブルは「角質肥厚」が原因です。

本来、角層は正常なターンオーバーですこやかに保たれますが、さまざまな要因でそのサイクルに遅れや早まりが生じると角質肥厚を起こし、あらゆる肌トラブルの引き金になります。

要因1 ターンオーバーが遅い

古い角質は毎日の洗顔で自然に剥がれ落ちるものですが、泡の質が悪くしっかり落としきれない状態が続くと、古い角質が幾重にも重なり、角質肥厚に。

水分保持力が弱くなり、厚く硬くなってしまいます。普段の洗顔だけでは、なかなか落ちにくくなってしまっています。

要因2 ターンオーバーが早い

無理なスキンケアで必要以上に角質を落としてしまい、角層が薄くなっています。

肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすいとてもデリケートな状態に。

バリア機能を修復しようと、基底層では角質細胞がどんどん作り出されていますが、急いで角化しようとするため、未熟な細胞となり、水分保持力が弱く、角層もスカスカで乾燥による角質肥厚を招くことになります。

古い角質は油断するとどんどん溜まってしまいます。
ダメージがダメージを呼ぶ、負のスパイラルに。

剥がれにくい古くなった角質をそのままにしておくと、角質肥厚が進み、角層にある天然保湿因子(NMF)やセラミドが不足してしまいます。

この2つの天然保湿成分は、角質細胞をつなぎ止め隙間のない角層をつくり、肌のうるおいを保つのに欠かせない存在。

不足すると角層が乱れバリア機能が崩壊し、肌機能が低下。さらなるダメージを生む負のスパイラルに陥ってしまいます。

美しい角層を支えるのは正常なターンオーバーです。

早くても遅くてもNG。理想は、約28日間のサイクルです。

美しい角層を保つためには、正常なターンオーバーのサイクルを守り、成熟した角質細胞で角化を促すことが大切です。

美しく整った角層は、うるおいの源となる天然保湿因子(NMF)やセラミドを多く含み、きちんと整列することで肌本来のバリア機能が高まります。

肌のなめらかさ、透明感、ハリ、弾力などすべての肌の見た目の美しさにつながります。