リンパ流しで老けない肌をつくる!

 

身体は自ら体内を浄化するさまざまな機能を備えています。その1つが「リンパ」です。リンパは例えるなら体の中を流れる大きな川。静脈に沿って全身に張り巡らされたリンパ管の中をリンパ液が常にスムーズに流れることでキレイと健康を維持しています。

では実際にどんな働きをしているのでしょう。「リンパ」の働きは大きく2つあります。まず、体内の老廃物や余分な水分などの『回収と排出』です。

リンパ液はリンパ管の中をゆっくりと流れています。その途中にはリンパ節と呼ばれる濾過機能があり、リンパ液が回収してきた不要なものを濾過し、リンパ液をクリーンな状態にします。最終的には静脈と合流し、心臓へ戻ります。

次に、「免疫機能」です。リンパ液にはさまざまな免疫効果があるため、全身をくまなく流れることで体の免疫力を高めています。

この2つの働きによって私たちの身体はすこやかさを保ち、ひいては肌の美しさにもつながるのです。ところが、川の流れがよどむとあっという間に水が濁ってしまうように、「リンパ」の流れが滞ると、身体の中に老廃物や余分な水分が溜まり、肩こりやむくみ、脂肪がつきやすいなどのトラブルを招くことに。

顔もむくみ、肌の生まれ変わりが阻まれることで、さまざまなトラブルが引き起こされます。そうなる前のケアが肝心です。

 

リンパの流れを悪くする要因

・運動不足や加齢による筋肉の衰え
・体の冷え
・ストレス

 

リンパの滞りによって起こるトラブル

肌の状態

シワ・たるみ・くま・くすみ・シミ・乾燥 etc.

むくみ・二重あご・フェイスラインのたるみ etc.

肩こり・むくみ・疲労・免疫力の低下 etc.

 

滞る前に流すリンパ流しはスキンケア時の習慣が正解

リンパ液は、リンパ管の周辺にある筋肉の収縮や血液が流れるときの血管の動きをポンプの代わりにし全身をめぐっています。

ところが、運動不足や加齢による筋肉の衰え、冷えによる血流の悪さなどが原因となり、このポンプ作用がうまく機能しなくなると、リンパの流れは滞り、トラブルが発生してしまいます。

またストレスは自律神経を刺激し、筋肉を緊張状態にしてしまいます。その結果、血流が悪くなり、連鎖でリンパの流れにも影響します。

さまざまな要因でリンパの流れが滞ると、最初に自覚するのがむくみです。むくみはリンパの流れが滞っていることを知らせるSOS。たとえば、朝、鏡をのぞくと寝具の跡が顔についていたり、まぶたが腫れぼったいと感じることはありませんか?

顔のむくみは重力の影響で半日くらいで改善されることもありますが、朝からむくみ顔で一日をスタートしてはテンションも下がり気味。またリンパの流れが悪いまま放置していては、肌の代謝機能に影響を与え、さらなるトラブルを招きます。

そこで、停滞する流れを一気に改善する「リンパ流し」がおすすめです。いつどんなときでもスムーズにリンパをめぐらせるリンパ流しを習慣化することが、老けない肌をつくる最善策にもなります。毎日のスキンケアついでにリンパの流れを良くして、肌を内から浄化。ひときわ輝くいきいきとした肌を目指しましょう。