美容効果を高める保湿のポイント


ニナファームジャポンの「アクティアージュ ジェルパスティーク +」や「ヴィブラン スキンブライト ジェル」を使って、保湿のポイントを確認しましょう。

Point1 ジェルは一度手のひらに取ってからハンドプレス

ジェルのつけ方で間違いやすいのが、顔の上で直接伸ばしてしまうこと。これでは肌に大きな負担がかかってしまいます。

ジェルをムラなくつけるためには、一度手のひらに取って両手を合わせ、指先まで伸ばしましょう。

その手で顔全体を包み込み、そっとハンドプレス。保湿ケアも“肌を慈しみながらやさしく”を心がけましょう。

Point2 目もと・口もとが乾きやすい…そんなときは真っ先に保湿ケア

目もと・口もとの乾燥が特に気になる方は必見。栄養補給の後は、真っ先に目もと・口もとをやさしくハンドプレスしてから顔全体を繰り返しプレスしましょう。

くれぐれも肌をこすってはいけません。乾燥が慢性化した肌はバリア機能が低下し、刺激にとても弱くなっています。乾燥が気になる部分には重ねづけ&ジェルパックがおすすめです。

Point3 オイリーな肌こそしっかり保湿

ベタつくからといって保湿をおろそかにしてはいけません。過剰な皮脂分泌は、肌内部の水分が不足し、乾燥を防ぐために起こることもあります。

まずはたっぷりの補水で角層にうるおいを与え、栄養補給で肌悩みを集中ケア。次にそのうるおいが逃げないようにジェルでフタをしましょう。

肌のうるおいバランスが整うとベタつきも徐々に落ち着きます。

Point4 手の温もりでじっくりハンドプレス

保湿の役割は、肌内部のうるおいが逃げないように、しっかりと閉じ込めてあげることです。

そのため、スキンケアの最後のステップの保湿をおろそかにすると、これまでの手間ひまが台無しに。

手の温もりでじっくりとハンドプレスしてあげることでうるおいや美容成分が角層全体に行き渡り、お手入れ効果がさらにアップします。

このコラムのカテゴリー・タグ