二人の名医


「世界には、二人の名医がいる。それは、食欲不振と発熱だ。」
ドイツの医科大学で自然療法を実践しているがん治療の権威、イセルス教授の言葉です。

病原菌やウィルスが侵入すると、脳の体温調整中枢の防御システムから指令が送られ、発熱によって免疫力を高めようとします。体温が1℃上がると免疫力は5~6倍になります。

食欲がなくなるのは、消化に使うエネルギーを病原菌やウィルスと闘う方に回すためですが、同時に、原因となる有害物や老廃物をこれ以上侵入、発生させないためでもあります。

ですから、食欲がないのに無理に食事をしたり、解熱剤で熱を下げたりするのは、逆効果で、自然治癒力を邪魔することになります。食欲不振も発熱も病気の症状ではなく治癒反応です。

ウィルスや病原菌は熱に弱く、がん細胞は、35℃台で最も増殖し、39℃台で死滅するそうです。
身体の声に素直に耳を傾けて、二人の名医を信じて任せることが大切なようです。

このコラムのカテゴリー・タグ