季節で変わる肌コンディション


気温・湿度など季節の変化に伴い肌コンディションも変化します。季節の肌状態を知り、寄り添うことは、年間を通した美しさを育む基本です。ニナファームジャポンと一緒に学んでいきましょう。

気温・湿度が上昇し始め、皮膚温も上がることで、肌内部から新陳代謝が活発になってきます。血行も促され、肌細胞に必要な栄養が行き渡ることで、肌本来の美しくなる力も活性され、冬の寒さで萎縮していた肌が美しく目覚めるときです。

ところが、肌内部の活動が前向きなのとは裏腹に、肌表面では、乾燥、肌荒れ、キメの乱れなど、トラブルを抱え込みやすくなります。その理由は、春肌には冬の乾燥ダメージがまだ残り、角層に備わるバリア機能が低下しているためです。

ホコリや花粉、紫外線など外からの刺激を受けやすくなり、肌が一時的に敏感になる場合があります。また、紫外線量が少ない冬を過ごした肌は、この時季とても無防備な状態になっています。

日中の気温上昇とともに皮脂分泌が活発になり、毛穴の詰まりや開き、ニキビ・吹き出物など、皮脂によるトラブルが多くなります。また、紫外線も強く、量も多くなるため、紫外線ダメージを受けやすくなります。

夏の紫外線ダメージを蓄積することは、色素沈着はもちろん、シワ、たるみなど光老化の原因となりエイジングのスピードを加速させることにつながるので注意が必要です。

さらに、汗や皮脂で一見うるおっているように感じる肌も、汗とともに肌本来のうるおいが流出したり、エアコンや紫外線による乾燥で肌内部から乾くインナードライを引き起こしやすくなっています。うるおい不足は肌の基礎体力の低下を招き、夏枯れに拍車をかけてしまいます。

気温・湿度ともに低下し始め、過ごしやすい日々が続く秋。ほっとするのもつかの間、身体に夏の疲れが現れるように肌にも夏のダメージが現れやすいときです。

エアコンや室内外の気温差などで乾燥やストレスを感じていた肌は、思いのほかバリア機能が低下しています。また、気温低下とともに皮膚温も下がり、ターンオーバーも滞りがちに。それに伴い肌がゴワついたり、くすんだり、シミが濃く見えたりと、肌の不調を感じやすくなります。

とくにメラニンを含んだ古い角質を肌の上に積み重ねたままにしておくと、顔の印象を暗くしてしまうだけではなく、うるおいや美容成分が入りにくく、ますますターンオーバーが乱れてしまいます。

年間で気温が一番低く、寒さがピークを迎えるこの季節は、肌そのものの働きが鈍くなる傾向にあります。

人は寒さを感じると内蔵を守るために身体の中心に熱を集め、体温を奪われないように肌表面や手足など末端の血流を下げます。特に顔は外気に直接晒されるため、冷えやすい部分でもあります。

毛細血管が収縮し、肌の血行が悪くなると、肌細胞に十分な酸素や栄養素を送り届けることができず、ターンオーバーが乱れる原因に。肌荒れ、くすみ、ハリ不足などさまざまなトラブルを起こしてしまいます。

そして、冬は湿度の低下や暖房により、肌の乾燥が最も進むときです。肌の水分は蒸発しやすく、水分が逃げることで肌本来のバリア機能も低下してしまいます。

このコラムのカテゴリー・タグ