カラダを動かすと美肌がつくられる


健康なカラダをつくるためには適度な運動が大切ですが、美肌にとってもそれは同じです。

ではなぜ運動が美肌と関係するのでしょう。それは、カラダを動かさないと筋力が衰え、血行が悪くなるからです。

血流は美肌にとって美しさのライフライン。その流れが滞ると、十分に栄養や酸素が運ばれないため細胞が衰え肌内部が痩せ、シワやたるみなどエイジングトラブルの引き金に。クマやくすみもできやすくなってしまいます。

さらに、むくみや冷えなどの体調不良も運動不足が原因で起こることがあります。

適度な運動をすることで身体は多くの酸素を取り込むことができ、血行が良くなり、栄養分、酸素が毛細血管を通り体のすみずみまで行き渡り、肌の新陳代謝、つまりターンオーバーが促されます。

血色が悪い、肌がくすんでいる、クマがある、吹き出物、乾燥、色素沈着によるシミやニキビ痕など、トラブルに負けない肌を育むために必要なのは、正常なサイクルで繰り返されるターンオーバーです。

ターンオーバーがしっかり行なわれているお肌は肌ツヤ、血色が良く、若々しい肌印象を保つことができます。

また肌トラブルにはストレスも大きく関係していますが、適度な運動はストレスの解消にも最適です。実際に軽い運動を行なうことで脳内ホルモンの分泌を促します。ドーパミンやセロトニンなど幸福感をもたらす精神状態を安定させるホルモンが分泌されることでストレスの解消になります。

とくに座りっぱなしの時間が長い仕事の人は、ラジオ体操や軽いストレッチでも、継続することで運動不足の解消になります。

たとえば、首を回す、腕を上げ下げする、つま先立ちをするなどの簡単な動きでも血流は促されますよ!

健康的なお肌を保つのに必要不可欠な表情筋を鍛えることも大事な運動と言えます。表情筋をしっかりと動かすことでハリのある表情を保ち、顔のたるみ、しわ、ほうれい線、二重あごなど顔が老けて見える原因を予防します。

意識してカラダを動かすことで魅力的なボディと美肌を手に入れましょう!