肌がうるおいをキープするメカニズム

ニナファームのビューティコラム「肌がうるおいをキープするメカニズム」イメージ画像
うるおいに満ちた肌はトラブルがなく常に美しく整っています。では、どのような仕組みでうるおいは保たれているのでしょうか。

年齢を重ねるにつれ肌の水分保持力が徐々に衰えてくるのは仕方がないことです。でも、正しい保湿ケアを行うことでいつでもその力を取り戻すことは可能です。

まずは、ニナファームジャポンとともに、肌に本来備わる機能を正しく理解することから始めましょう。

水分保持力

水分蒸散を防ぐ【皮脂膜】

皮脂膜とは、皮脂と汗が混ざり合ったもので「天然のクリーム」ともいわれています。

その働きは、肌の表面を覆うことで肌内部の水分蒸散を防ぎ、みずみずしさをキープしたり、紫外線や空気中に含まれる刺激をブロックし、肌内部を守ったりします。

さらに、肌表面を常に弱酸性に保つことで、細菌やカビなどの繁殖を抑え、肌の健康をサポートする役割も担っています。

水分をつなぎとめる【脂肪間脂質】

角層の中では、肌細胞がレンガのように何層にも積み重なっていますが、このレンガの隙間を埋めるセメントのような働きをするのが細胞間脂質と呼ばれる保湿成分です。

肌細胞同士がぴったり密着することで異物の侵入をブロックするバリア機能を発揮します。また、角層内の水分をしっかりとつなぎとめる構造をしているので、非常に高い水分保持力も期待できます。

水分を抱え込む【天然保湿因子】

天然保湿因子(NMF)とは、肌細胞内の水分を抱え込み、保つ力を持った保湿成分です。

アミノ酸、尿酸、乳酸、ミネラルなど、水分となじみやすい複数の成分で構成され、その高い吸湿性によって一度抱え込んだ水分をしっかりとキャッチして離しません。

一方で、角層内の水分量が減少すると、肌細胞内の水分を角層へ供給し、角層全体をみずみずしくうるおす役目も担っています。

皮脂膜のお話

天然のクリームとも呼ばれる皮脂膜は、皮脂腺から分泌される「皮脂」と汗腺から出る「汗」によって構成されています。

しかし年齢とともに皮脂の分泌量が減少し、皮脂膜形成が弱まると、肌の水分保持力は低下します。正しい保湿ケアで皮脂膜形成をサポートして、うるおう肌で肌機能を高めましょう。

細胞間脂質と天然保湿因子のお話

細胞間脂質と天然保湿因子が豊富で、水分保持力が十分に発揮できる肌は常に美しく整っています。そのカギを握るのは「ターンオーバー」ということをご存知でしょうか。

そもそもターンオーバーとは、基底層で誕生した肌細胞が成長しながら角層に上昇し、垢となって自然に剥がれ落ちることを指します。

細胞間脂質と天然保湿因子はこの成長過程においてつくられるため、加齢によってターンオーバーが乱れ肌細胞の成長が滞ると、この2つの保湿成分は減少し、肌の乾燥が引き起こされます。

これはさらなるターンオーバーの乱れにもつながるので、徹底した保湿ケアで肌の乾燥を防ぐお手入れがとても大切となります。

Tags:,