肌老化を加速する紫外線を知る

紫外線の種類と肌への影響

紫外線は波長の長さでUV-A・UV-B・UV-Cの3種類に分類されます。

地上に届くのはUV-AとUV-Bで、とくに波長の長いUV-Aは95%がオゾン層の影響を受けず地表に到達するといわれています。

UV-Cは波長が短いためオゾン層に遮られ地表には到達していませんが、近年、オゾン層の破壊などによりその影響が懸念されています。紫外線の種類について、ニナファームジャポンがご紹介します。

【5~8月頃がピーク】肌をじわじわと攻撃する

UV-A

気づかないうちに肌に深刻なダメージを与える

波長の長いUV-Aは、肌表面の表皮を通り抜け、さらにその奥の真皮にまで到達します。

肌のハリ・弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させるだけではなく、これらをつくり出す線維芽細胞にもダメージを与え、真皮の生まれ変わる力を低下させます。

また、基底層にあるメラノサイトを刺激してしまい、メラニン生成が活発になり、シミの原因に。

UV-Aのエネルギー自体は弱いのでUV-Bのように肌に急激なダメージを与えることはありませんが、じわじわと攻撃し、その影響は肌に確実に蓄積されます。

UV-Aの主な肌ダメージ

  • 肌がすぐに黒くなる
  • 弾力の低下によるたるみ
  • 数日後にさらに黒くなる
  • ゴワつき
  • 深いシワ
  • シミ・そばかす

など

【4月から徐々に増え8月頃がピーク】肌を一気に攻撃する

UV-B

強いエネルギーで肌に急激なダメージを与える

波長の短いUV-Bは主に表皮にダメージを与えます。UV-Aよりもエネルギーが非常に強く、短時間浴びただけでも肌が赤くなり、ひどいときにはヒリヒリする炎症や水ぶくれなどを起こします。

また、数日後に肌が黒くなる症状もUV-Bによるものです。さらにメラニン生成を活発にし、シミの原因にもなります。

そして何よりも怖いのは、UV-Bを浴びすぎると、その強烈なエネルギーで肌細胞やDNAにダメージを与え、皮膚がんを引き起こすことです。

UV-Bの主な肌ダメージ

  • 肌が赤くなり、ヒリヒリとした炎症を起こす
  • 数日後に黒くなる
  • 肌の乾燥
  • シミ・そばかす
  • 皮膚がん

など

紫外線はあらゆる方向から肌を狙っています

紫外線は太陽から直接届く「直射光」だけではなく、建物や道路に跳ね返って届く「反射光」、空気中で散乱して届く「散乱光」など、あらゆる方向から降り注いでいます。

また、室内でもUV-Aはガラスを通り抜け、およそ80%が届き、カーテン越しでも50%は届くといわれています。

生活シーンに合わせて紫外線をブロック

日焼け止めにはUV-Bに対する防御力を表すSPFとUV-Aに対する防御力を表すPAが表示されています。

SPF

UV-B防止効果を表す数値。何も塗らないときと比べ、肌が炎症を起こすまでの時間を何倍に延ばせるかを表しています。

PA

UV-A防止効果を表す数値。PA+(ピーエーワンプラス)からPA++++(ピーエーフォープラス)まで4段階あり、+の数が多いほど効果が高くなります。