ニナファームのクリーム レボリューションで老け目もとと決別して輝きを取り戻す!


前回は目もとを老け込ませてしまう原因について書きました。
今回は目もとケアについてご紹介していきたいと思います。

ニナファームジャポンのクリーム レボリューション B-1789をご紹介するとともに目もとケアのテクニックをお伝えしていきます。

クリーム レボリューション B-1789は、肌の「しぼみ」「たるみ」に着目し、先進の研究と技術を反映させた本格的な肌のハリケアクリームです。

肌の内側から湧き上がるようなハリ感の向上に貢献する特別な美容成分をたっぷり凝縮。トラブルの原因にもしっかりアプローチします。

さらに目もとの天敵、乾燥からうるおいを守る3つのセラミドとセラミド様成分が配合されているため、角層の保水力や保湿力を高め、バリア機能をサポートします。

目もとのトラブルは気づかないうちに蓄積され、乾燥やシワ、たるみなどのトラブルとなって現れます。

いつものスキンケアにクリーム美容をプラスした日々の丁寧なお手入れこそ、いつまでも若々しい魅力的な目もとの印象を保つ秘訣です。

空気の乾燥、暖房、湿度の低下……目もとのトラブル要因が増える秋冬こそ、クリーム美容でスペシャルケア!

基本の目もとケア

化粧水、美容液、クリームで肌を整えた後、目もとを集中ケアします。
STEP 1:
再度クリームを指先に取り、上まぶたと下まぶたのそれぞれ3か所に置きます。

STEP 2:
目頭から目尻に向かってなじませます。シワができやすい目尻はやさしく数回タッピングします。
(力が入りにくい薬指の腹を使い、丁寧になじませましょう。)

STEP 3:
全体になじませたら、手のひらで目もとを覆い、手の温もりで浸透を促します。※目を圧迫しないように注意。
(手が冷えている場合は、手を擦り手のひらを温めてから行ないましょう。)

スペシャルテクニック

基本のケアにプラスαのテクニックです。

シワが気になるときは:
人差し指と中指でシワをそっと広げ、クリームを丁寧になじませます。

たるみが気になるときは:
中指と薬指の腹でこめかみに向かって目もとを引き上げ10秒間キープを2回繰り返します。

目もとのこわばり、乾燥が気になるときは:
クリームをなじませた後、ホットタオルを約1分程度当てます。温感で目もとの緊張感をほぐすとともにクリームの美容成分の浸透を高めます。
最後にジェルパスティーク +(ハリ・うるおいジェル)をなじませるとジェルのひんやり感でリフレッシュできます。