冬真っ盛り!ニナファームがお伝えするスキンケアポイント。12月から2月編

季節で変化する肌状態に合ったきめ細やかなケアは、肌が本来持つ力を積極的にサポートし、トラブルを未然に防ぐことにつながります。

ニナファームジャポンが冬のスキンケアポイントについてご紹介します。

 

12月

環境
気温・湿度の低下、空気の乾燥
肌状態
乾燥、肌機能低下

スキンケアポイント

[保湿、整菌]

気温・湿度がますます下がり、乾燥が本格化してきます。

うるおいを与えたら、たっぷり保湿してうるおいを封じ込めます。さらに、整菌習慣(※)で菌バランスをサポートし、善玉菌優勢な肌状態に整え、肌本来の保護・保湿作用「皮脂膜」の形成をスムースに。乾燥に負けない強い肌に整えましょう。

また寒さで血行も悪くなり、肌全体の機能が低下してきます。プラスワンテクニックで肌の巡りを良くしましょう。

※マイクロバイオータを意識したスキンケアや生活習慣の提案のこと

1月

環境
気温・湿度の低下、暖房

肌状態
乾燥、代謝機能の送下

スキンケアポイント

[保湿、整菌]

空気が乾燥し、油断するとあっという間に肌が乾燥してしまいます。

化粧水で与えたうるおいを逃さない、ジェルやクリームをたっぷり使って冬の乾燥トラブルに負けない肌にしましょう。プラスワンテクニックで塗布することで血行促進も期待できます。

また、お風呂上がりは肌の善玉菌も一時的に減少しています。整菌習慣(※)で菌バランスをサポートし、肌本来の保護・保温作用「皮脂膜」の形成をスムースにしましょう。

※マイクロバイオータを意識したスキンケアや生活習慣の提案のこと

2月

環境
寒気、暖房

肌状態
乾燥、血行不良

スキンケアポイント

[補水、保温]

寒気と暖房に晒された肌は、乾燥がますます深刻化してきます。

徹底した補水でうるおいを角層のすみずみまで与え、ジェルやクリームの保湿でしっかりフタをし、角層にたっぷりうるおいを溜め込みましょう。プラスワンテクニックで塗布することで血行促進も期待できます。

また、湿度の低下は肌の水分を奪ってしまいます。暖房が効いた部屋では湿度調整にも気を配りましょう。

季節で変わる肌に適切なケアをして365日美しい肌を実感してください。

 

Tags:,