入浴と夏の身体の深い関係

身体の冷えは、肌も体調も不調を招くもと

女性の悩みかと思えば、今や男性にも増えている「冷え症」。冬だけと思われがちですが、夏に多く見られる症状で、特に冷房からくる冷え症に悩む方が増えています。

冷えの症状には、頭痛や肩こり、手足の冷え、むくみ、肌荒れ、不眠などさまざまですが、原因は、猛暑が続く屋外とエアコンの効いた室内を入れ替わりながら日々を過ごしているうちに、体温調整に関わる自律神経がバランスを崩し、身体の末端まで血液が循環されず滞ってしまうためです。

自律神経は、暑いと感じたとき、身体を冷やすために血管を大きく広げ血液の流れを促しますが、反対に、寒いと感じたときは血管を収縮させ、身体から熱が逃げないように体温調整を図るとても大切な機能です。自律神経を正常に整えるためにも、毎日の入浴を習慣にすることをおすすめします。

暑い夏を元気に過ごすための賢いバスタイム

“暑いから…、面倒だから…”とついついシャワーだけで済ませがちな夏のバスタイムですが、肌トラブルや体調不良に陥りやすい夏こそ、湯船にしっかり浸かり身体を芯から温めることが肝心です。入浴の際、特にお湯の温度は、自律神経にも大きく影響するので気をつけてください。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあり、交感神経はエネルギーを使うときに働き、副交感神経は身体を回復しエネルギーを蓄えるときに働きます。

42℃以上の熱い湯船に浸かると交感神経が活発になり、血管が収縮し身体が緊張状態になってしまうので、心身ともにリラックスを図るのであれば、血液の循環を良くする37~39℃ぐらいのややぬるめの温度が最適です。

なにげなく思える湯船に浸かる習慣ですが、血液の循環を良くすることで疲れが取れ体調を整えることだけではなく、心地よい睡眠にもつながり、肌荒れ改善やくすみ改善など美肌効果もアップする良い要素がたくさん詰まっています。“夏だからこそ”という発想の転換でバスタイムをぜひ大切にしていただきたいものです。

バスタイムをより効果的に。リラックス空間を演出する入浴剤で心身ともにリフレッシュ!

バスタイムは心身をリラックスさせる絶好の時間ですが、入浴剤を用いるとさらにその効果はアップ!

入浴剤には、心地よい香りはもちろんのこと、身体をほぐし血行を促進する効果、肌をすべすべにするスキンケア効果や薬効効果など種類は豊富。あなたの目的に合ったお気に入りの入浴剤を入れ、バスタイムをもっと楽しんでみてはいかがでしょうか?