気持ちも肌もリラックス お風呂は美の宝庫


みなさんは入浴のとき、湯船に浸かっていますか?それともシャワーで済ませてしまっていますか?

入浴の最大のメリットは、身体を温めることで緊張をほぐし、ストレス解消や筋肉をリラックスさせることにあります。

ですから、入浴後1時間以内に布団に入ると寝つきが良くなり、質の良い睡眠にもつながるため、結果、美肌にとってもメリットになります。

ただし、熱すぎるお湯に浸かるのはNG。交感神経を刺激し、脳が覚醒してしまうため、逆に寝つきが悪くなってしまいます。肌にとっても、熱いお湯は刺激となり肌本来の保湿成分を奪い、乾燥につながってしまうのでよくありません。

それから、大切なのが入浴前後の水分補給です。入浴中はたくさんの汗をかくため体内の水分が失われます。水分が不足すると血液がドロドロになってしまったり肌も乾燥してしまうので、入浴の前後にはコップ1杯の水分補給を習慣にしましょう。

また、普段あまり意識することはありませんが、お風呂に入っている間には身体に水圧がかかっています。その水圧により、血液やリンパの流れが促され、むくみの解消につながります。

そして湯船に浸かると浮力がかかり、身体が軽く感じられます。普段体重を支えている筋肉や関節を休ませることができるため、緊張がほぐれます。

それに加え、お湯の温熱作用によってまず体の表面が温められ、血液も温まります。この温まった血液が全身の血管を巡ることで体全体が温まり、全身の血の巡りがよくなります。

これらの作用により、身体にたまった老廃物や疲労物質などが流れやすくなるため、疲労回復や肩こり、腰痛の緩和につながります。

ぬるめのお湯(38℃~40℃くらい)にゆったり浸かり、心身ともにリラックスするのがおすすめです。

また、バスタイムはお湯のスチーム効果で毛穴が開き角質が柔らかくなるので、洗顔や角質ケアなどのお手入れにも最適です。

優雅なバスタイムで、自宅エステを満喫しましょう。

ボディソープ ポネージュ

ニナファームジャポンのボディソープ ポネージュ

「雪のように澄んだ白さと透明感を持つ肌」という名のボディソープ。独自のザクロ由来成分ヴィキュアとヴィキュア オイルをダブル配合。
さらに、肌にやさしい植物系洗浄成分や7つの果実エキスのコンプレックス成分を配合することで、硬くなった古い角質をやわらかくほぐし、肌に負担をかけずにすっきり洗い流します。
また、美肌づくりをサポートする数々の美容成分が肌のうるおいを保ち、みずみずしい肌へ導きます。毎日のボディケアで全身の透明感に磨きをかけます。

フローラ バイオシールド ボディソープ

ニナファームジャポンのフローラ バイオシールド ボディソープ

肌状態と肌に生息する皮膚マイクロバイオータの菌バランスの関係に着目し生まれたバランシングボディソープ。

バージンオリーブオイル由来の保湿力が高い洗浄成分や、しっとりとしたうるおい感をもたらす14種のアミノ酸成分配合。シールド効果で肌を保護しながら洗って整えるバスタイムの「整菌習慣※1」です。

ラベンダーとライムを基調とした精油コンプレックスの爽やかな香り。

※1 マイクロバイオータを意識したスキンケアや生活習慣の提案のこと。