プロバイオティクスが命を豊かに育む

ビューティコラム2017年7月分画像1
身体のためには良質なものを、良質なものを育てるためには良質な土壌を育てることが必要です。

早くから乳酸菌の力に注目していたニナファームジャポンでは、その働きを生かしたプロバイオティクス環境農業にも着手。すこやかな生態系を守り、身体、命を豊かに育む良好なサイクルづくりに力を注いでいます。

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは、人体に良い影響を与える乳酸菌などの微生物のこと。土壌中にプロバイオティクスを投入する農法が注目され、豊かな自然環境や食生活を守ることが、命をすこやかに育むことにつながります。環境保護が求められるなか、その力にますます期待が集まることでしょう。

プロバイオティクスを用いた農法。

プロバイオティクス環境農業で使われるさまざまな微生物のことを「エンド(内側)ファイト(植物)」と呼びます。エンドファイトの力で、植物の成長を助けたり、免疫力を高めることができるため、従来のように過剰な農薬や化学肥料に頼る必要がありません。地球環境を守る安心で安全な農法です。

乳酸菌のチカラが土壌をつくる

エンドファイトのひとつである乳酸菌をわき水に配合することで、乳酸菌が根から稲の中に入り込み、稲の抵抗力が高まり、害虫や病気、環境の変化などに負けない強い稲が育つといわれています。

ニナファームが取り組むプロバイオティクス

ニナファームジャポンでは、2011年よりプロバイオティクス環境農業による米づくりをスタート。長年米の生産を続けてきた農家の方が驚くほど、生命力にあふれた力強い稲が今年も育ちました。収穫された稲は「にな光」として限定販売しています。

今後の可能性

京都大学名誉教授 松井三郎氏によると、プロバイオティクス環境農業は水耕栽培、土耕栽培、有機農業などに利用でき、稲作や野菜など、植物の成長を促進させるといわれています。家畜の飼育でも餌に抗生物質を混ぜる必要がないため、消費者の健康と環境保全につながると期待されています。


タグ: , ,

抗酸化を究める

7月image3
抗酸化という言葉をご存知ですか?
体内で過剰に発生すると細胞を傷つけてしまう活性酸素に対し、私たちの身体が備えている防御システムのことです。

活性酸素は老化や病気に深く関係するといわれており、それに対抗する「抗酸化」はフランス ニナファーム社が日々注力して研究を進めている分野でもあります。若々しくすこやかな身体を守るために、皆さんもそのメカニズムについて知っておきましょう。

増え過ぎると細胞に害を与えてしまう両刃の剣「活性酸素」

活性酸素は、体内に害を及ぼす異物が侵入した時、それを排除するために主に細胞内のミトコンドリアでつくられます。

本来はウイルスや病原菌の侵入、喫煙や食品添加物の大量摂取、紫外線や放射線などに対して細胞を防御する役割を果たしますが、過剰に発生すれば逆に害を及ぼす両刃の剣。

通常であれば発生した活性酸素は体内の抗酸化による防御システムによって消去・抑制されますが、過剰な発生や抗酸化力の衰えによって消去されきれずに残ると細胞を攻撃して酸化させ、細胞の正常な働きを失わせます。その結果、老化の加速、動脈硬化などの生活習慣病を招きます。

また、細胞の代謝機能が落ちることで肌の老化原因にも深く関わっています。

活性酸素には数種類あり、代表的なものにスーパーオキシドラジカル、ヒドロキシルラジカル、過酸化水素、一重項酸素があげられます。前者2種の活性酸素はフリーラジカルといわれるもので特に強力です。

現代社会において、活性酸素の発生を抑えることは難しいことです。それだけに抗酸化という活性酸素に対抗する人体の防御システムをしっかりと機能させて、過剰な活性酸素を排除することが重要です。

身体の中の重要な防御システム「抗酸化」

抗酸化とは、私たちの身体が本来持っている防御システムのひとつで、活性酸素を抑制する働きをいいます。

抗酸化作用のある物質にはさまざまあり、一般的には野菜や果物、植物などに含まれるビタミンCやE、ポリフェノールなどがあげられますが、重要なのが私たちの体内でもつくられている抗酸化酵素です。

これは活性酸素と戦うタンパク質で、代表的なものにSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、CAT(カタラーゼ)、GPX(グルタチオンペルオキシダーゼ)があげられます。

その働きは、SODがスーパーオキシドラジカル、CATは過酸化水素、GPXがヒドロキシルラジカルを抑制する役割を担っています。一重項酸素の抑制にはポリフェノールなどの抗酸化物質が効果を発揮します。

このように通常なら体内で発生した活性酸素は抗酸化酵素などによって適切に消去・抑制され、自然にコントロールされています。ところがさまざまな要因によって過剰に発生すると処理しきれなくなってしまいます。

さらに40代頃からは体内の抗酸化酵素が減少するという事実もあり、年齢とともに老化の促進や生活習慣病など活性酸素による影響が出てきやすくなります。

これを押しとどめるためには、活性酸素発生の要因から身体を守るとともに、体外から抗酸化物質を補い、その働きを助けていくことが大切です。


タグ: , , ,

ニナファームジャポンの「クリーム美容」

6月分画像2-2
シミ・くすみ・シワ・たるみ…年齢を重ねるごとに気になる肌の変化。
避けられないのはわかっているけど「少しでもなんとかしたい!」そう思っている人は多いはず。そんな年齢肌でお悩みの方におすすめなのが「クリーム美容」です。目指す肌に近づくためにさっそくあなたも始めてみませんか。

クリームだからできる「美肌ケア」

もともと肌は、皮脂と汗が混ざり合ってできた天然のクリーム「皮脂膜」で覆われています。これにより、角層のバリア機能が強化され、水分と脂分のバランスをすこやかに保ち、肌になめらかさやツヤを与えています。

ところが、年齢とともに皮脂分泌量が減少し、また、毎日のスキンケアで肌を擦って必要以上に皮脂を落としてしまうと、皮脂膜が形成されにくくなります。

角層が傷つきやすくなりバリア機能が弱まることで、肌内部の水分蒸散が進み、さらに外部刺激を受けやすくなります。これにより活性酸素が発生し、肌の炎症とともに、さまざまな肌トラブルを引き起こすきっかけとなってしまうのです。

とくに紫外線ダメージには注意が必要です。UV-Bによる表皮ダメージは、ターンオーバーの乱れや、メラニン生成が活発になり、シミやくすみを招きます。また、UV-Aは波長が長いので、真皮や皮下組織に到達し、深いシワやたるみを引き起こします。

クリームは、豊潤な美容成分を与えるとともに、肌をうるおいのヴェールで包み込み、肌が自ら美を再構築する力をサポート。とくにダメージが進行したときは毎日のスキンケアにクリームを取り入れることで、目指す肌へいち早く導いてくれます。

守って攻める「クリーム美容」

クリームにはうるおいとともに、脂溶性の保湿成分をたっぷり配合できるため、徹底した保湿ケアができます。これは、化粧水や美容液、保湿ジェルと異なるクリームの最大の利点。これにより、他のアイテムとは違った角度からのアプローチが可能になります。

さらに、クリームを取り入れた保湿ケアを行なうことで、肌はますます柔軟に整い、うるおいとともにさまざまな美容成分の浸透が高まるなど、目指す肌に合わせたワンランク上のスペシャルケアができるのも魅力です。

とくにニナファームジャポンのクリームには、抗酸化分野のエキスパートが揃うフランス ニナファーム社独自の成分や、厳選したさまざまな美容成分を贅沢に配合しているので、肌トラブルが進行している方、肌の曲がり角にきている方には、より効果的なスキンケアを行なっていただけます。


タグ: , ,

ヘアトラブルの4つの要因

6月分画像1
髪が「育たない」頭皮は、顔の肌同様にスキントラブルが深刻な状態です。
遺伝、ホルモン、体質など抜け毛・薄毛・細毛の要因はいろいろありますが、着目したいのが頭皮環境です。

はじめからヘアトラブルで悩んでいたわけではありません。後天的な要因がさらなる頭皮環境の悪化を招き、「髪が育たない」頭皮を作ってしまっているかもしれません。

ヘアトラブルの4つの要因をニナファームジャポンが解説します。

トラブル要因1≫頭皮の硬化

頭皮が固くなることです。原因は血行不良にあります。血行不良が起こった頭皮では、髪の成長に必要な栄養や酸素が毛母細胞のある毛根部に届きにくくなり、結果、ヘアサイクルが乱れ細毛や抜け毛などのトラブルにつながります。

頭皮の硬化は加齢とともに目立ってきますが、パソコンや読書など視線を固定した状態が続くと頭皮が緊張し、血行不良の原因になります。

トラブル要因2≫皮脂汚れ

水分と脂分のバランスが整っていると顔の肌コンディションが良いように、頭皮にも適度な水分と脂分が必要です。

しかし、過剰な皮脂分泌は、脂性のフケを発生させ、毛穴を詰まらせ毛髪の成長を妨げたり、汚れの付着が多くなり、頭皮の衛生環境が保たれず、ニキビや湿疹などによる抜け毛を招きます。

トラブル要因3≫炎症

過剰な皮脂分泌や活性酸素の発生などにより毛根周囲に炎症が起こると毛母細胞の分裂に影響を与え、トラブルの要因に。

また、頭皮に爪を立てたり、刺激の強いシャンプーによる洗浄で表皮が赤くなり炎症を起こすと、頭皮環境が悪化し、ヘアサイクルの妨げになります。また、頭皮ばかりでなく、髪の艶に欠かせないキューティクルなども傷つけてしまいます。

トラブル要因4≫乾燥

頭皮がうるおい不足の状態です。フケは角質細胞がターンオーバーによって剥がれたもので、言ってみれば垢の一種です。カサカサしたフケは水分・脂分が不足し、乾燥することで剥がれたもの。顔の肌が乾燥し、角質剥離が多くカサカサになる感じです。

すこやかな頭皮環境では、肌本来の代謝に伴うもので気になりませんが、大量にフケが出たら要注意。トラブルの初期症状の現れです。頭皮環境が悪化し、丈夫な毛根が育たず、抜け毛や薄毛の原因となります。

さまざまな要因が重なると、頭皮の環境が悪化。髪の成長=ヘアサイクルが乱れます。まず、頭皮のコンディションを知り、トラブルの要因を見極めることが大切です。


タグ: , ,

気持ちも肌もリラックス お風呂は美の宝庫

5月分画像2
みなさんは入浴のとき、湯船に浸かっていますか?それともシャワーで済ませてしまっていますか?

入浴の最大のメリットは、身体を温めることで緊張をほぐし、ストレス解消や筋肉をリラックスさせることにあります。

ですから、入浴後1時間以内に布団に入ると寝つきが良くなり、質の良い睡眠にもつながるため、結果、美肌にとってもメリットになります。

ただし、熱いお湯に浸かるのはNG。交感神経を刺激してしまい、脳が覚醒されるため、寝つきが悪くなってしまいます。肌にとっても、熱いお湯は刺激となり肌本来の保湿成分を奪ってしまうのでよくありません。

ぬるめのお湯にゆったり浸かり、心身ともにリラックスすることがおすすめです。また、お風呂のスチーム効果で毛穴が開き、角質が柔軟化されるので洗顔や角質ケアなどのお手入れにも最適です。

優雅なバスタイムで、自宅エステを満喫しましょう。


タグ: , , , ,