Chocolat Chaud(ショコラ ショー)

cocoa2
「チョコレート」と聞くだけで、ちょっと嬉しい気分になりませんか?

日本では食べるカカオを「チョコレート」、飲むカカオを「ココア」と言いますが、フランスではチョコレートを「ショコラ(chocolat)」、ココアを「ショコラ ショー(温かいショコラ、chocolat chaud)」と表現します。

チョコレートの主原料になるカカオ豆はもともと南アメリカが発祥の地で、アステカ・マヤ・インカ帝国の民族によって栽培されていました。

トウモロコシペーストをベースにしたカカオ・ドリンクは当時非常に貴重で「神様の飲み物」として崇められていましたが、16世紀にアステカ文明を征服したフェルナンデス・コルテスが本国のスペインにカカオを持ち帰ったことにより、ヨーロッパに伝わりました。

スペインでは苦みのあるカカオにバニラと砂糖を加え、高価な飲み物として貴族や僧侶などの特権階級を中心に大流行したそうです。

その後、1615年にフランスの国王ルイ13世がスペインの王女アンヌ・ドートリッシュと結婚した時、チョコレート好きなアンヌが持参したことによってフランスにチョコレートがもたらされることになりました。

フランスの宮廷で「愛の秘薬」の名称を得た後、チョコレートはヨーロッパの王侯貴族の間であっという間に広がっていったのです。

このように昔から多くの人に愛されてきたチョコレートですが、カカオは非常に栄養価が高く、多くの効能効果が期待できます。カカオの美容効果に注目し、チョコレートを塗って肌から美容成分を取り込む「カカオエステ」が少し前に話題になりましたね。

カカオには老廃物などの排出を助けるデトックス効果や保湿効果があると言われていて、若々しい美肌へと導く成分の宝庫なんです。
皆さんもご存じのサヴォン アンベリールにもカカオが配合されていますね♪

“カカオエステ”でチョコレートの甘い香りに癒されながらリラックスしつつ、カカオの美容効果で心も体も美しく磨き、幸せな気分になれそうですね!


カフェ

20170120ビューティコラムの画像
フランスをイメージするもののひとつに≪カフェ≫があります。
パリジェンヌやパリジャンがシャンゼリゼのカフェのオープンテラスでコーヒーを飲んでいる姿が思い浮かびますよね!フランスには本当にたくさんの≪カフェ≫があります。

日本のカフェ(喫茶店)とは違って、街路に面して歩道にテーブルや椅子が置かれているテラス席があるのがフランスのカフェ。

冬にはテラス席にヒーターが置いてあるところも多く、寒い中に温かいコーヒーを飲みながらゆっくりと過ごすのがフランス風。

オープンテラスには案内されるのを待って席に着く必要がなく、空いている席に座り、ギャルソン(ウェイター)を待ちます。(すぐに気付いてくれるはずです!!)

お会計も頼んだものと一緒に持ってくることが多いので、食べ終わったり飲み終わったらお金を机の上において帰っても大丈夫です。

もちろん「Merci!Au revoir!!(ありがとう、さようなら)」など一言言ってから店を出るのが親切ですね。

フランスのカフェは17世紀後半にパリにできたのが始まりといわれていて、18世紀には数百軒のカフェができるほどになりました。

芸術家たちの創作活動や哲学者や文学者の交流の場として、またフランス革命などの近代市民社会を支える世論を形成する空間として重要な社交場として繁栄してきました。

そんな歴史的にも重要な意味を持つパリのカフェの中には文化遺産として扱われるところも多くあるんです。パリを訪れた際には、老舗のカフェでフランスの歴史を感じながらのんびり過ごすのもまた違ったフランスの良さを味わうことができますよ!

【カフェでのオーダーの仕方】

・Un café,s’il vous plaît.【アン キャフェ シルヴプレ】
 コーヒーを1つください。

・Un café crème,s’il vous plaît.【アン キャフェ クレーム シルヴプレ】
 カフェオレを1つください。

・Un chocolat chaud,s’il vous plaît.【アン ショコラショー シルヴプレ】
 ココアを1つください。

・Je prends ça.【ジュ プロォン サ】
 (指で指して)これをください。

・L’addition,s’il vous plaît.【ラディシヨン シルヴプレ】
 お会計をお願いします。


トリコロール

france-1273150_640
フランスの国旗、通称トリコロール(仏:Tricolore)は有名ですよね。
オブジェやリボンなどのデコレーションに使ったり、アクセントとしても可愛らしいフランス国旗のデザイン。

この青・白・赤の色の意味をご存知ですか?
一般的には青は自由、白は平等、赤は博愛(友愛)を表しているといわれています。

しかしこの意味についてはいくつかの説があるようで、白がフランス王家の色、青と赤はパリ市の紋章の色で、三色が合わさってパリと王家との和解の意味であるという説などもあります。

国旗の色はそれぞれ青=矢車草(矢車菊)、白=マーガレット、赤=ヒナゲシの花で表現されています。
三色の幅は同じですが、もともとは三色の比率は均等ではなく、旗がなびいた時の見た目の美しさを考え比率を変えていたようです。

フランス革命直後は規定が無く、赤・白・青の縦三色旗という現在とは反対の配色のものなど、様々な旗が掲げられ、第一共和政が成立した1792年に制定された旗は現在のオランダ国旗と同じ赤・白・青の横三色旗であったそうです。
1794年に現在の旗となり、1814年から1830年の王政復古時を除いて使われ続けています。

今では、商品に付いているだけで“メイド イン フランス”の安心感を与えてくれるフランスのトリコロール。

そういえば、某フランスのデパートの広告で、トリコロールのリボンを巻いたエッフェル塔をおでこに角のように括り付けているのがあったなぁ。

そんなシチュエーションの広告も洗練されたものに感じるのは、トリコロールの持つラグジュアリーなイメージのおかげでしょうね。


モンブラン・オ・マロン

ビューティコラム20160928
ニナファームの生まれた街であり、原点であるサヴォワ地方のアヌシー。
アヌシーはフランス・アルプス山脈、モンブラン山群の麓にあります。モンブランと聞くと何を思い浮かべますか?アルプス山脈?それとも万年筆ですか?
私はもちろん《モンブランケーキ》です!!

モンブランは生クリームをヒモ状の黄色いクリームでクルクルと包み、盛り上げ、甘く煮た栗がてっぺんに乗っているケーキですね!!一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

モンブランが、フランス菓子だということは名前からもお解りになると思いますが、実は日本人に馴染みのあるモンブランは日本仕様ってこと知っていましたか?!

アルプス山脈のモンブランの名称の由来は、フランス語で“白い山”。
ヨーロッパアルプスのフランス、イタリアをまたぐアルプス山脈の最高峰で、頂上に白い雪が降り積もっている山の形から、モンブランと言われています。

ケーキのモンブランの由来はいくつかあるようで、フランスでアヌシーの街があるサヴォワ地方とイタリアのピエモンテ州で食べられていたお菓子がモンブランの原型という説があります。

フランス側から見えるモンブランの光景は、丸みを帯びたドーム型で等高線の間隔が広くなだらかな姿。イタリア側から見ると鋭く尖った山で、氷河が荒々しく山肌を削り取ったため、険しい形に見え、両国から見える山の印象が違います。

それと同様、ケーキのモンブランもそれぞれの国から見える山の形になっているのです。日本のモンブランのように甘栗が頂上にデコレーションされていないので、日本人から見ると何かもの足りない感じもしますが…。一度、日本のモンブランも含めて食べ比べをしたら楽しそうですね!!


Bonnes vacances ! ~良いヴァカンスを!~

ビューティコラム20160815
夏休みは、子供達にとっても大人にとっても待ち遠しいものですよね。まさにちょうど今夏休み中!という方も多いのではないでしょうか。山や海、泊りがけの旅行など、色々と計画を立てたり、想像を膨らませていると、実際に出かける前から楽しい気分になってきますよね♪

ちなみに、フランス人も大の休暇好きで、フランスでは、ヴァカンスを中心に一年間の予定が組まれているといっても過言ではないほど。特に夏は、仕事をしている人も数週間単位の長い休みを取るケースが多いようです。夏休みが近づいてくるとそわそわして落ち着かなくなり、気持ちだけ先にヴァカンスに行ってしまったかのような状態になるほど楽しみにしている人も大勢いるようです。

そんなフランスでは、学校の休みの分配にちょっとした工夫が施されており、住んでいる地域によって休みの時期が異なります。フランスの国内の地域をA・B・Cの3つのエリアに分け、各エリアが休みに入る日が1週間ずつずれるようになっているのです。

学校の休暇を分散化することによって、同じ時期に同じ観光地へと向かう家族連れなどによる交通渋滞や混雑を避け、ゆっくりと休暇を満喫することができるというメリットがあります。また、観光客がピークの時期に集中せず、より長い期間にわたって観光施設を訪れることで、観光産業が安定するという経済的な配慮もあるようです。

最近では夏休みの日程を自由に組める会社も増えてきていますが、日本でもフランスのように地域別に大型連休をずらすなどの仕組みが取り入れられると、ヴァカンスを楽しむフランス人のようなライフスタイルが生まれてくるかもしれませんね!